« 2006年10月 | メイン | 2006年12月 »

2006年11月26日

JCダート&JC

JCダートはアロンダイトお見事でした。
事前予想では、東京ダート2100m無敗ということと、スローを後方から差しきるというレースっぷりに未知の魅力を感じて、▲としたのですが、パドックでは今ひとつ大物感を感じなかったこともあり、評価を下げてしまいました。
内が空くという幸運にも恵まれましたが、最後突き放す勝ち方は、相手がシーキングザダイヤということもあり、価値があると思います。
しかしシーキングザダイヤは力はあるのに運がないというか、ジリ脚というか、何と9回目のG1 2着です。来年のフェブラリーSが、最後のチャンスかもしれません。がんばってほしいものです。

JCはディープインパクトがダービーを思い出させるような、見事な勝ち方でした。こちらも文句なしですね。
2着のドリームパスポートは、スローで流れれば上位と見ていたので、予想もバッチリでした。こちらもG1の2着は3回目で、ちょっと運がない気もします。ただまだ3歳なので、ディープインパクトがいなくなる来年は、期待できるのではないでしょうか。
しかし今日の東京競馬場は、久々の大混雑でした。スタンドから外には出られず、やはりディープインパクト効果でしょうか。ただでさえ中山は収容人数が少ないので、最後の有馬記念はすごいことになりそうです。どこで見るべきか、考えなくてはいけません。

2006年11月19日

関東馬が掲示板独占 マイルCS

マイルCSは、なんと6着までを関東馬が占めるという、久々の快挙でした。7着が外国馬なので、関西馬はハットトリックの8着が最高という惨敗。
いつ以来なのか調べようと思いましたが、とりあえず最近はなさそうで、よくわかりません。たぶん明日の新聞とかにのっているでしょう。
今年はマイル戦は結構関東馬が強くて、安田記念も関西馬は6着のインセンティブガイが最先着でした。(外国馬が1,3着)

関東馬の1,2着は、2004年の朝日杯FS以来で、この年は天皇賞(春),(秋),阪神JFとあわせて4戦も関東馬のワンツーがありました。
惜しかったのは2001年のスプリンターズSで、3着のダイタクヤマト以外は、トロットスター、メジロダーリング、シンボリスウォード、ジョンカラノテガミと4頭が関東馬でした。ちなみにこの年は高松宮記念も3着以外が関東馬で、比較的短い距離は互角に戦えているように思います。

ただ今回もそうですが、なぜかG1を勝つ関東馬は関西の騎手が乗っていることが多いですね。関東の騎手が乗って勝った関東馬は、最近ではヴィクトリアマイルのダンスインザムード(北村宏騎手)ぐらい。
関西と関東の騎手の勝ち数もずいぶん差があるし、もっと関東の騎手,厩舎にはがんばってもらって、盛り上げてもらいたいと思います。

2006年11月12日

カワカミプリンセスの降着

G1の1位入線馬の降着としては、1991年の天皇賞(秋)での、メジロマックイーン以来となります。
その後も1995年の日本ダービーでのタヤスツヨシなど、微妙な判定もあったのですが、今回はヤマニンシュクルの四位騎手は完全にバランスを崩しているし、まだ脚がなくなってはいないという判断だったのでしょう。G1で1位入線の馬、しかも1番人気を降着にするとかなりの影響があるので、正直判断に困ったのではと思いますが、あれでは仕方ないかなという気もします。
パトロールビデオを見ると、シェルズレイとアサヒライジングの間を、カワカミプリンセスとヤマニンシュクルが抜けようとしたときに、外のアサヒライジングが内に寄ってきて、前をふさがれそうになったカワカミプリンセスが、内に進路を取ったときに、ヤマニンシュクルの前をカットし、シェルズレイにぶつかっているように見えます。本田騎手も前の馬がふらついたので、避けようとした旨のことを言っているので、間違いないでしょう。
アサヒライジングがまっすぐに走っていれば、おそらく何の問題もなく抜けてきたでしょうから、故意ではないでしょうが、残念です。ただ進路がふさがるのも、競馬ではよくあることなので、仕方ないですね。

個人的には15-16の馬連は持っていたので、ショックは大きいです。
スイープトウショウからも何点か押さえましたが、3歳馬ではカワカミプリンセスに先着する馬はいない前提で、相手はカワカミプリンセスか古馬しか買わなかったので・・・。
ちょうど10年前のエリザベス女王杯で、2位に入線したヒシアマゾンが降着になって、馬券的には救われたのですが、今回はそのときの借りを何倍にもして返させられた気分です。

ザサンデーフサイチ骨折

4億9000万円で落札されたと話題の良血馬ザサンデーフサイチが、右後ろ脚の飛節を骨折していたことが判明し、全治9ヶ月でクラシックは絶望とのこと。
期待が大きかっただけに、馬主も調教師もショックが大きいでしょう。池江寿師は、フサイチジャンクの成績低迷に続いてのことで、頭が痛いと思います。
全治9ヶ月ということは、出られても来年の秋からで、まず未勝利のサバイバル戦を勝ち抜かなければならなくなります。能力はありそうなので、大丈夫とは思いますが、調整にも注意が必要で、関係者は気が抜けないでしょう。

新馬戦は実際にみたのですが、ダンスインザダーク産駒らしいスマートな馬体ながら、トモなどにまだ筋肉が付ききっていない印象で、やや物足りなく思いました。気性的にも子供っぽくて、本命にはしなかったのですが、次は変わるだろうと思っていただけに、残念です。
今さらながらですが、馬主のリスクの大きさには身がすくみますね。

2006年11月05日

ファンタジーSのアストンマーチャン

実にあざやかなレコード勝ちでした。小倉2歳Sもまあまあ強かったのですが、半信半疑のところもありました。それが3番人気という評価になったのでしょうが、とりあえず強かったですね。上がりも33.6と優秀だし、力強い足取りも印象に残りました。
個人的には1番人気のハロースピードに注目していたのですが、前が止まらない早い馬場で、あの位置取りで、しかも4コーナーでは挟まれて、よく3着まできたという感じです。古馬をあおった調教の動きなど、すばらしかったので、ちょっと残念です。

ただこれがそのまま阪神JFにつながるかというと・・・。例年ファンタジーSを勝つと阪神JFの1番人気がほぼ約束されており、今年もあの鮮やかさからほぼ間違いないでしょう。
ただしファンタジーS、阪神JFを連勝したのは2002年のピースオブワールドが最後で、そのあとは、スイープトウショウ、ラインクラフト、アルーリングボイスと、1番人気で連にもからめずに終わっています。
スイープトウショウ、ラインクラフトはその後G1を勝つような名牝なので、阪神JFを勝つのがいかに難しいかが、わかります。

アストンマーチャンは連にもからめない、とは言わないですが、あまりにも鮮やか過ぎる勝ち方といい、あまり過信しすぎないほうが、よいようです。
京都の1400mと阪神の1600m(改修で変わるかもしれませんが)は、基本的にまったく違うと考えたほうがよいので、今日負けた馬(ただし上位に来た馬)も含めて、しっかり検討したほうがよさそうです。