« 2008年04月 | メイン | 2008年06月 »

2008年05月25日

オークス上位3頭の共通点とは

桜花賞ほどではないにしても、オークスも大荒れで終わりました。今年の牝馬クラシックは混戦と言われていましたが、終わってみると、なるほどとても難解でした。
しかしよく考えてみると、今日のオークスの上位3頭には、とてもシンプルな共通点がありました。それは、G1(Jpn1)で連対経験があったこと。
トールポピーは阪神JFの1着馬だし、エフティマイア,レジネッタは桜花賞の2着、1着馬です。阪神JFで2着のレーヴダムールは出走しておらず、またNHKマイルCの連対はいずれも牡馬だったので、18頭中G1での連対経験を持っていたのは、この3頭しかいなかったわけです。
これに気づいて3連複を買えば、なんと1点で61,600円を当てることができたのです。
もちろん実際は、たとえ気づいたとしても、100円ですら投資する気になったかどうかは疑問ですが。

今日荒れた原因は、まずは2着のエフティマイアの激走にあるでしょう。桜花賞とオークスは意外に連動することは、以前から割りと知られていますが、さすがにエフティマイアの桜花賞は内を上手く回っただけで、血統的にも2400mは長いだろうと、フロック視されたわけです。
ただしよくよく桜花賞を振り返ってみると、確かに上がりはソーマジックやリトルアマポーラに大きく劣るものの、中団から長く脚を使っており、最後も切れ味でレジネッタに負けただけで、決してばててはいません。
またフジキセキ産駒はマイラーのイメージが強いですが、ドリームパスポートのように菊花賞やJCで2着に来る馬もいて、一概には決められません。それに昨年コジーン産駒のローブデコルテが勝っているように、この時期の3歳牝馬は、あまり距離適性を気にする必要はないような気がします。

さて来週はダービーです。この結果を当てはめてみると、登録馬のうちG1連対経験があるのは4頭だけ。どの馬が1番人気になるのかさえわからない混戦ですが、この4頭で決まると意外とつくかもしれません。特に朝日杯2着のあの馬が来ると・・・。
また1週間悩んでみたいと思います。

2008年05月18日

底を見せていない馬の強さ ~エイジアンウインズ

ヴィクトリアマイルのエイジアンウインズは強い勝ち方でした。中団から馬群を割って、上がり33.4で差しきりました。
最初の600mが35.7というスローペースで、上位5頭のうち4コーナーを6番手以降で回ったのは、エイジアンウインズとウオッカの2頭だけ。ウオッカも33.2という究極の上がりで追い込みましたが、残念ながら2着まででした。

ヴィクトリアマイルの前までで、芝のレースは3・2・0・0。連勝で準オープン、G2を制するという、まさに底を見せていないの見本のような成績でしたが、単勝13.4倍の5番人気と、伏兵の1頭という扱いでした。それも、1600m未経験ということと、阪神牝馬Sが逃げ切りで、かつブルーメンブラットにクビ差まで迫られるという勝ち方のせいでしょう。
確かに東京芝1600mは、長めの距離に実績がある馬が有利というのは常識ですし、直線が長い東京では逃げ馬は目標にされて不利というのも常識です。このような見方から、底を見せていない成績でありながら、あまり人気にならなかったのでしょう。

しかし血統を見てみれば、父フジキセキ、母父デインヒルと、まさにマイル向きというイメージですし、成績を見れば逃げ馬ではないことも一目でわかります。でもやはり今までの知識(常識)にとらわれてしまうのですよねえ。

ウオッカが万全であれば、あっさり負けていたかもしれませんが、それでもG1級であることは確かです。そういう意味からは、今後に期待ですね。パドックでは落ちついていて大物感がありましたし、道中も掛かることなく走っていたので、2000mぐらいまでならいけるかもしれません。
ぜひ注目していきたいと思います。

2008年05月11日

やはり長めの実績が必要か NHKマイルC

今年のNHKマイルカップは混戦といわれたものの、結局は3歳になって1800m以上の重賞で連対実績がある2頭で決まりました。以前から東京芝1600mのG1(Jpn1)では、1800~2000mで実績のある馬が強いといわれてきましたが、今回もそのとおりの結果となりました。
人気どころでは、5着になったファリダット(2番人気)は芝1400mオープン勝ち(1800mの500万下で0.1秒差はあるが)までの実績しかなく、12着に終わったゴスホークケン(4番人気)は芝1600mG1勝ち(1800mは末をなくして4着)まで。
3歳になってから1800m以上のオープンで連対実績があったのは、ディープスカイとブラックシェルしかいなかった(2歳時にはサダムイダテンとダンツキッスイも連対あり)ので、ある意味言われているとおりの順当な結果と言えるでしょう。

しかし3着のダノンゴーゴーには驚きました。去年は最低人気馬が3着にくるなど、NHKマイルCの3着は一筋縄ではいかないのですが(古くはショウナンナンバーなんていました)、さすがにファルコンSの勝ち馬がくるとは・・・。
ただしダノンゴーゴーの過去のレースを見ると、ファルコンSは4コーナー後方から長くいい脚を使っているし、NZトロフィーも外を回ってよく伸びてきています。血統的にもスプリンターという感じではなく、やはりマイルに対応できる能力はあったということなのでしょう。

もうひとつ今日のレースを見ていて気づいたのは、上位3頭は内をついて伸びてきたことです。昨年のヴィクトリアマイルでもコイウタが同じようなコースを通って勝ちましたが、あそこを通らなければ、今日の場合上位はなかったでしょう。その意味では運もよかったといえるのかもしれません。
勝つときはすべてうまくいくといいますが、運も実力のうちなのでしょう。

今週から5週連続のG1(Jpn1)のうち、マイルが3レースあります。今回の教訓も活かして、まずは来週のヴィクトリアマイルをきちんと当てたいものです。

2008年05月05日

フレンチデピュティ産駒かぁ 天皇賞(春)

アドマイヤジュピタの天皇賞(春)優勝は、見事でした。比較的早い流れを後方で待機して、3コーナー過ぎにメイショウサムソンの後ろを上がっていって、直線では早め先頭から、メイショウサムソンに交わされそうになりながらも、再度差し返して勝ちました。
メイショウサムソンの最後のがんばりはすごいものがありますが、それを抑えたということは、かなりの勝負根性の持ち主と見てよいのではないでしょうか。

戦前は、阪神大賞典のタイムの遅さとスローを先行して勝ったことから、展開に恵まれたという見方が多く、距離的にも最もつながりやすい前哨戦を勝ったにも関わらず、3番人気にとどまったのは、やはりそのあたりが影響したのでしょう。
ただし、阪神大賞典はメンバー最速の上がりで勝っており、決して展開に恵まれたとはいえないと思いますが。

それにしても、フレンチデピュティ産駒が3200mのG1を制したことには驚かされました。
フレンチデピュティの代表産駒といえば、クロフネ(JCダート、NHKマイルC)、サンアディユ(スプリンターズS2着)、ピンクカメオ(NHKマイルC)、レジネッタ(桜花賞)と、マイルから2000mぐらいという印象でしたが、アドマイヤジュピタだけが異色という感じです。やはり母父リアルシャダイが効いているのでしょうか。

今年はすでに桜花賞、天皇賞(春)とG1を2勝し、サイヤーランキングも4/21時点で5位と好調です。芝・ダート問わず、また距離も不問になってきたということで、今後もますます注目が必要な種牡馬になりそうです。