« 2011年09月 | メイン | 2011年11月 »

2011年10月30日

トーセンジョーダンの勝因、ブエナビスタの敗因 ~天皇賞(秋)

今年の天皇賞(秋)は、トーセンジョーダンがなんと芝2000mの日本レコードとなる1.56.1という驚異的なタイムで優勝しました。従来のレコード(2001年ツジノワンダー)を0.3秒更新したことになります。

このレコードタイムは、逃げたシルポートの1000m56.5秒という超ハイペースによって生まれたものですが、これをトーセンジョーダンはいつもよりやや後ろの10番手ぐらいで追走し、直線は外に出して猛然と追い込みます。
馬場のよいところを通って、ゴール前はダークシャドウとの追い比べとなり、最後はぐいっと伸びて1/2馬身差で栄冠をつかみました。上がりは34.2とペルーサの33.9に次ぐメンバー2番目のタイム。レコードでこの上がりですから、文句なく堂々の戴冠です。

トーセンジョーダンは2歳時に葉牡丹賞、ホープフルSと中山の2000m戦を連勝し、明けて3歳初戦の共同通信杯で2着とクラシック候補に名を連ねたものの、裂蹄でそこから休養に。昨秋にアルゼンチン共和国杯で初重賞制覇し、今年もG2を2勝しているものの、G1ではやや地味な存在であることは否めませんでした。
脚質も一定せず、昨年の有馬記念は逃げて5着、今年の宝塚記念は追い込んで9着。基本的にはAJCCや札幌記念を勝った先行が合うのかなというイメージでした。
それが今回、すばらしい末脚を披露して、後方から差しきったのですから、ペースと馬の脚質を見極めたピンナ騎手の好判断が大きな勝因と言えるのかもしれません。通ったコースも不利を受けず、しかもよく伸びるところでした。
もちろん、先週オルフェーヴルで3冠を制した池江厩舎の仕上げもよかったのでしょう。最終追い切りは4,5頭で合わせて、内から力強く抜け出してきたのが、印象に残っています。
今回のレコードの反動が若干心配ではありますが、ぜひ古馬戦線を引っ張っていく存在になって欲しいものです。

それに対して、1番人気のブエナビスタは、国内では初めて馬券圏内からはずれる4着に終わりました。宝塚記念の最後の伸びの鈍さから、ある程度予想されたこととはいえ、ショッキングではあります。
追いきりの動きもあまりよくなく、馬体重はなんとか絞ったものの、やはり気持ちが入りきっていなかったのでしょうか。レース後の松田博師のコメントもそんな感じでした。
また今回は岩田騎手が4コーナーから思い切って内を突きましたが、若干前がふさがるような場面もありました。馬を縫うように上がってきたものの、メンバー上がり3位タイの34.7では、差しきるのは無理でした。結果論ですが、うまく外に出していれば、3着はあったかもしれません。

次走はJCになると思いますが、一度使ったことであの末脚ははたして復活するのでしょうか。
思えば昨年のJCで2着に降着になってから、すっかり勝利の女神に見放されたしまったようですが、こうなるとなかなか勝てないのは、今までの競馬でもいろいろ見てきました。
ただオグリキャップのように劇的に復活した例もありますので、ぜひまたあの強いブエナビスタを見せて欲しいと思います。

トーセンジョーダン
【トーセンジョーダン】パドックでは気合い乗りのよさが目立ちました

トーセンジョーダン
トーセンジョーダンとピンナ騎手。ヘルメットを客席に投げ込んでいました

2011年10月23日

圧巻の走りで3冠達成! ~菊花賞

今日の菊花賞は、力の違いを見せつける完勝で、オルフェーヴルが史上7頭目の3冠馬になりました。関係者の皆さん、本当におめでとうございます。そしてすばらしいレースをありがとうございました。

神戸新聞杯の走りから、ほぼ敵はいないと思われながらも、レースが近づいてくると、さまざまな重箱の隅をつつく説がでてきました。
神戸新聞杯では折り合っているように見えましたが、池添騎手によると掛かり気味だったということで、実は折り合いに不安があるのではということから、京都は未勝利で合わないのではとか、皐月賞を3番人気以下で勝った馬は菊花賞を勝てないとか・・・。
しかしそれらの説をあざ笑うかのような完勝で、穴党の出番はありませんでした。

神戸新聞杯の時にも書いたのですが、実は春の時点では3冠を取るとは正直思えませんでした。その証拠に、皐月賞は4番人気での勝利。調べてみると、過去6頭の3冠馬は、戦前のセントライトがダービーで2番人気だったほかは、すべて皐月賞,ダービーでは1番人気1着でした。
またオルフェーヴルは2歳のときに、京王杯2歳Sで10着に破れるという経験もしています。過去の3冠馬ではナリタブライアンが函館3歳Sで6着に敗れていますが、朝日杯を勝ってしっかり挽回しそのあと連勝を継続。それ以外の3冠馬は、3冠達成まで連対ははずしていません。
このあたりも、オルフェーヴルの3冠に疑問の声が上がる要因だったのかもしれません。

たしかに3冠馬は2歳時あるいは3歳の初めから非凡な能力を示す馬ばかりで、オルフェーヴルのように3歳の春から急速に力をつけたというパターンは、今までにはないものです。また父も母父も内国産というのも初めて。
そういう意味では、新しい3冠馬の形を示したといえるのかもしれません。

同世代に敵がいない以上、今後は古馬、そして世界が相手になっていきます。次にどのレースを使うのかはわかりませんが、ぜひ古馬相手にも強さを見せ付けて、世界に羽ばたいてもらいたいと思います。ステイゴールド、メジロマックイーンという名前も、ぜひ世界に印象付けてもらいたいですね。

2011年10月16日

やはり牝馬は格より調子 ~秋華賞,府中牝馬S

今日の秋華賞は、ジャングルポケット産駒の良血馬アヴェンチュラが、力強く抜け出して優勝しました。

2歳時には札幌2歳Sで2着の後、熱発明けの阪神JFは3番人気で4着に入り、さすがトールポピーの下と思わせましたが、骨折で半年の休養。期待された春のクラシックは出走できませんでした。
しかし7月に復帰すると、8ヶ月ぶりの古馬混合準オープンを圧勝し、続くクイーンSはハイペースを好位から抜け出し、好タイムで快勝。秋華賞に臨んだわけです。

片や春のクラシック上位組は、桜花賞2着、オークス3着のホエールキャプチャがローズSを勝って順調さをアピールし1番人気に押されたものの、桜花賞馬マルセリーナは2番人気のローズSで6着に敗退。オークス馬エリンコートも10着に惨敗し、今年は春とは勢力図が変わるかなと思わせる状況でした。

G1などの大きなレースで気になるのは、過去のG1で好成績をおさめた実績(いわゆる格)をとるか、それとも直近のレースで活躍している調子をとるかということではないでしょうか。特に秋のG1では、春までの実績馬対夏の上がり馬という構図になることが結構あります。
秋華賞でも、過去にはファビラスラフィンがNHKマイルC(1番人気で惨敗)以来の休み明けで快勝なんていうこともありました。
しかしこと牝馬については、やはり格よりも調子ということが、当てはまるのではないでしょうか。

過去10年の連対馬を見ても、2003年のスティルインラブ(ローズS5着から優勝)、2008年のブラックエンブレム(ローズS15着から優勝)以外は、すべて前走の重賞で3着以内に入っています。しかも20頭中17頭は、前走は8月以降に出走しています。例外の3頭はいずれもG1連対馬ですが、力が抜けており、かつ休み明けも苦にしないタイプだったと言えるでしょう。

今年もマルセリーナが3番人気、エリンコートが5番人気とそこそこの支持を受けましたが、残念ながら上位には来られませんでした。上位3頭はいずれも8月以降の重賞で3着以内に入っており、かつ重賞勝ちがなくても1000万下1着の実績はありました。
やはりそれなりの実力+最近の調子というのが、牝馬では重要なのかなと思います。

そして秋華賞の少し前に行われた、東京の府中牝馬S。圧倒的な1番人気に押されたアパパネが、14着に惨敗しました。もともと休み明けはよくなくて、なぜか重賞はG1しか勝ったことがないという珍しい馬ですが、それにしても負けすぎでしょう。
勝ったのはサマー2000シリーズを制したイタリアンレッド。2,3着も夏の重賞で活躍した馬たちでした。
今年は秋になっても気温が高く、今日はなんと観測史上最も遅い真夏日になったところもあったそうですが、そのせいか夏の実績馬が引き続いて活躍している印象があります。スプリンターズSのカレンチャンもそうですね。

秋のG1も、菊花賞、天皇賞(秋)と盛り上がっていきますが、この傾向が続くのか、興味を持って見て行きたいと思います。

2011年10月10日

すごい勝負根性だな、トランセンド ~南部杯

今年の南部杯は、震災でダメージを受けた岩手競馬を支援するためもあり、JRA主催で東京競馬場で行われました。岩手の物産を販売するコーナーなどもあって、少しでも被災された方のお役に立てばいいのですが。

そして岩手県で古くから伝わる、無形民俗文化財にも指定されているチャグチャグ馬コの装束で飾られた馬たちも来ていました。馬の労働に感謝するお祭りとのことで、もともとは南部駒という大型の馬が主役だったそうですが、今はペルシュロン種などの馬を使っているそうです。

チャグチャグ馬コ
無形民俗文化財のチャグチャグ馬コ

そして南部杯。残念ながら交流重賞を圧勝で連勝しているスマートファルコンはいませんが、昨年のJCダート、今年のフェブラリーSとJRAのダートG1を連勝し、ドバイWCでも2着に好走したトランセンドと、一昨年のJCダート、昨年のフェブラリーSを連勝し、交流重賞でも活躍しているエスポワールシチーの初対決も話題になりました。
同じ先行脚質ということもあり、道中の位置取りも注目です。

レースは好スタートからエスポワールシチーがハナを切り、ややスタートが悪かったトランセンドが押して2番手。バーディバーディやダノンカモンが先行して、あまり馬順が変わらないまま、淡々と流れます。
そして直線に入るとエスポワールシチーが突き放して先頭に立ち、2番手のトランセンドは手ごたえが悪く、やや下がり加減。代わってダノンカモンが2番手に上がります。さらに後方からシルクフォーチュンもいい脚で差してきて、トランセンドはあっけなく負けるのかと思いました。

ところが、トランセンドはそこから巻き返すと、一旦抜かれたダノンカモンに並びかけ、末脚の衰えたエスポワールシチーをダノンカモンとともに交わし、ゴール直前でダノンカモンを差し返して、アタマ差で優勝したのです。
休み明けもあって手ごたえが悪くなったのかもしれませんが、3番手に落ちてから差し返す勝負根性には、本当に驚かされました。これもドバイ遠征で、世界レベルで好走した自信のなせる技なのかもしれません。

これでJRA主催のG1は3連勝。着差は少ないのであまり強さは感じさせないかもしれませんが、その勝負根性に裏打ちされた安定感は、すばらしいと思います。エスポワールシチーを下した今、残るライバルはスマートファルコンしか思い浮かびません。
ぜひ近いうちに対決して、雌雄を決するところを見てみたいものです。うわさによると、11/3のJBCクラシックで対戦の可能性があるとか。期待しましょう。

トランセンド
【トランセンド】パドックでも落ち着いていて、貫禄が感じられました

2011年10月04日

シンボリルドルフが亡くなりました

去年の11/28には、とても元気な姿を東京競馬場に見せてくれていたのに、あれから1年も経たないうちの訃報です。

私が競馬を見るようになった20年ちょっと前には、すでにシンボリルドルフは引退しており、91年にはその最初の年の産駒であるトウカイテイオーがクラシックをにぎわせました。そのトウカイテイオーも、翌年のミホノブルボンもなし得なかった無敗の3冠を、史上初めて達成した馬として、強烈な憧れを感じたことを、よく覚えています。

その後、ディープインパクトが無敗の3冠を達成し、さらにJRAのG1を7勝するという快挙にも並びましたが、パイオニアであるシンボリルドルフの栄光が色あせることは、少しもありませんでした。

シンザンもそうでしたが、やはり心肺能力が強い馬は長生きするのかと漠然と思っていたので、突然の死の知らせはショックでした。1年前の姿は、老いという言葉とは無縁に思えたので・・・。
サラブレッドとしては長寿の30歳とはいえ、シンザンに比べれば5歳も若く、まだまだ元気な姿を見せて欲しかったです。
最後に昨年の雄姿を再度アップして、冥福をお祈りしたいと思います。

シンボリルドルフ
25年ぶりの東京競馬場のパドックを歩くシンボリルドルフ

2011年10月02日

夏の勢いそのままの勝利 ~スプリンターズS

今年のスプリンターズSは、函館、札幌のスプリント重賞を連勝した勢いそのままに、カレンチャンが見事に制しました。関係者の皆さん、おめでとうございます。安田厩舎では、ダッシャーゴーゴーが残念ながら人気を裏切ってしまったものの、カレンチャンがサマースプリントシリーズでの無念を晴らしたので、喜びもひとしおでしょう。

例年であれば、サマースプリントSで重賞を2勝すれば、ほぼ1位は決まりなのですが、今年はなんとエーシンヴァーゴウもアイビスSDとセントウルSと2勝し、さらに北九州記念3着もあって、6ポイント差で王者に輝いたのです。

このサマースプリントSが始まって今年で6年。実は過去6年すべてで牝馬が王者(つまり女王)になっています。しかし彼女らのスプリンターズSでの成績は、2007年のサンアディユの2着が最高で、その他の年は連対すらしていません。
これはやはり「夏の牝馬」の格言どおり、夏には強いものの、秋には牡馬にやられてしまうということなのかもしれません。実際に2007年のサンアディユ、2008年のカノヤザクラ、2010年のワンカラットと、いずれも夏のスプリント重賞を2勝して臨んだ馬たちが、ことごとく他の馬(2007年と2008年は牝馬が優勝ですが)にやられています。
これは、夏の重賞に力を入れたために、秋まで調子を維持できなかったということもあるでしょう。

それらを考えると、今年のエーシンヴァーゴウとカレンチャンの評価が低かったのも、致し方ないのかもしれません。そんな評価を覆し、世界一のスプリンターとも称されるロケットマンを下したカレンチャンとエーシンヴァーゴウは、素晴らしいと思います。
特に先行有利な馬場を、中団から上がり33.8(メンバー中2位)で鮮やかに差しきったカレンチャンのレースぶりは、賞賛されるべきものでしょう。

しかし、傾向がはっきりわかっているのに、スプリンターズSは一筋縄ではいきません。この10年、3番人気以内の馬が連にからまなかったことはないものの、非常に難しいレースであることは確かです。またひとつ積み重なった経験が、来年に生かせればよいのですが・・・。