« 2010年11月 | メイン | 2011年02月 »

2010年12月30日

JRA賞を占う&今年を振り返ります

有馬記念も東京大賞典(スマートファルコン強かったです)も終わり、2010年の競馬も終了しました。
そこでJRA賞を占いながら、今年を振り返ってみます。

まずは確実なところから。
●最優秀2歳牡馬
これはグランプリボスで文句なしでしょう。毎年ラジオNIKKEI杯の勝ち馬と議論になりますが、今年の朝日杯は2歳重賞の牡馬連対馬が、オールアズワンを除いてほぼ顔を揃えるという好メンバーで、それを勝ったのですから議論の余地はないと思います。

●最優秀2歳牝馬
こちらもレーヴディソールで決まりですね。デイリー杯を圧勝し、阪神JFでも圧倒的な1番人気に応えて快勝しました。すでにウオッカやブエナビスタ級の活躍を期待する声もありますが、素質は相当なものだと思いますので、ぜひ無事にいってほしいと思います。

●最優秀3歳牡馬
これはG1を2勝したヴィクトワールピサでしょう。有馬記念の前までは混戦で、ローズキングダムとエイシンフラッシュにも有馬記念の成績次第ではチャンスがあったと思います。しかしフランス遠征での不振を吹き飛ばした有馬記念の走りは見事でした。

●最優秀3歳牝馬
牝馬3冠を制したのですから、アパパネしかないでしょう。勝ったときの着差が少なく、トライアルも負けていますが、本番での強さにはすごいものがあります。オークスも負けたかと思ったのですが、なんとG1で史上初の1着同着となりました。

●最優秀4歳以上牝馬
これもブエナビスタで決まりだと思います。G1は辛勝のヴィクトリアマイルと、天皇賞(秋)の2勝ですが、宝塚記念、有馬記念の両グランプリで2着となり、JCは降着となったものの圧倒的な強さを見せました。牡馬相手のG1で連対をはずさない安定感は、すばらしいの一言です。

こうやって見てみると、牝馬の強さが目立った1年だったと思います。牝馬が強くなったのか、牡馬が弱くなったのか、いろいろ議論がわかれるでしょうが、ぜひ来年は牡馬にも奮起してもらいたいものです。
では、以下はちょっと迷うところを。

●最優秀4歳以上牡馬
G1を2勝以上した古馬の牡馬がいないので悩ましいのですが、常識的には宝塚記念を勝ち、凱旋門賞2着となったナカヤマフェスタでしょう。ただしJCの大敗や、国内重賞勝ちが宝塚記念のみというのは、すこしさみしいものがあります。来年の活躍を期待したいものです。

●最優秀短距離馬
短距離路線は混戦で、スプリンターズSも香港の馬が勝つなど、ややレベル的にも厳しい感じですが、ここは高松宮記念を勝ち、スプリンターズSも繰り上がりとはいえ2着になったキンシャサノキセキでしょう。阪神C勝ちも大きいと思います。ただ来年は世代交代がありそうですね。

●最優秀ダートホース
交流重賞の成績も加味するとスマートファルコンも有力だと思いますが、今年JRAのレースには1戦も出ていないので、やや尻すぼみとはいえフェブラリーSとかしわ記念を勝ったエスポワールシチーでしょうか。トランセンドは交流レースも含めてG1はJCダートだけなので、ちょっと厳しいかと。

●最優秀障害馬
実はこれが1番悩ましいのですが、重賞を複数勝っているランヘランバもコウエイトライも、J.G1には出走すらしていません。また中山GJを8番人気で勝ったメルシーモンサンは今年その1勝のみで、中山大障害を10番人気で勝ったバシケーンも3月のOP1勝とあわせて2勝。おそらくバシケーンということになるのではないでしょうか。

そして年度代表馬ですが、やはり断然の実績と安定感ということから、個人的にはブエナビスタだと思います。JCの降着と有馬の2cm差は不運としか言いようが無く、どちらも勝っていれば文句なしだったわけですから。
そうなると3年連続牝馬が年度代表馬になるわけで、牡馬のより一層の奮起が期待されます。幸い今年の3歳馬はレベルが高く、JC、有馬記念ともに1,3着を占めました。
来年もさらに高いレベルでの接戦を期待したいと思います。

2010年12月26日

勝ち運に見放されたかな、ブエナビスタ ~有馬記念

今年の有馬記念は、圧倒的な1番人気に押されたブエナビスタが、ただ1頭上がり33秒台の強烈な末脚で追い込んだものの、わずか数cm及ばず、ヴィクトワールピサの優勝となりました。

天皇賞(秋)の圧倒的な強さ、そして降着にはなったもののJCでの強い内容から、ローズキングダムのいなくなった有馬記念では、降着の鬱憤を晴らしてくれることを期待した人が多かったということが、単勝1.8倍に現れていたのでしょう。
道中は思ったよりも後方に位置して、4コーナーでも9番手と後方。直線に入ってすぐに先頭に立ったヴィクトワールピサとは、その時点で5~6馬身は差があったと思います。そこから猛然と追い込んできたものの、JCの最後で見せたようにいったん左に大きくよれ、そこから内に立て直してきたものの、わずかに届きませんでした。

敗因としては、スローにも関わらず位置取りが後ろだったことや、直線でよれたことなどが挙げられるのでしょうが、JCの降着によって勝ち運に見放されたような気が、どうしてもしてしまうのです。

過去にG1で1位入線しながら降着になった馬は、91年天皇賞(秋)のメジロマックイーンと06年エリザベス女王杯のカワカミプリンセスがいます。
メジロマックイーンは、その後JCで1番人気に支持されながら4着。圧倒的な人気の有馬記念でも、勝ったと思ったら伏兵のダイユウサクに差されてまさかの2着。結局その年は勝てませんでした。
カワカミプリンセスにいたっては、その後11戦してもどうしてもあの強さが蘇らず、結局未勝利で引退しています。
このようにG1で1位から降着すると、当然まわりも穏やかではないでしょうから、馬にもそれが伝わってしまうのかもしれません。もちろん、ダイユウサクの激走のような偶然に左右されることもありますが。

でもメジロマックイーンは翌年の天皇賞(春)で連覇を達成するなど、鮮やかに復活しています。ブエナビスタは来年も現役を続行するようなので、ぜひ勝ち運を取り戻して、また圧倒的な強さを見せてくれることを願っています。

ちなみに、今日のパドックで見たヴィクトワールピサは、JCの時とは別馬のように出来がよく、明らかに調子が上がっているように見えました。ブエナビスタに勝つとしたらこの馬かなと思ったのですが、結果はその通りになりました。3着のトゥザグローリーの快走は予想外でしたが、スタートが決まったペルーサなどとともに、強い3歳勢(来年は4歳勢ですね)として、来年以降の競馬を盛り上げていくことを期待したいと思います。

2010年12月19日

2歳馬だから?それとも中山だから? ~朝日杯FS

今日の朝日杯FSは本命をサダムパテックにしたのですが、実は先週のレーヴディソールほどの自信はありませんでした。レーヴディソールの単勝160円に対して、サダムパテックの単勝は180円。オッズは似たような倍率でしたが、サダムパテックはちょっと売れすぎかなと思っていたのです。

サダムパテックの前走である東スポ杯のパフォーマンスは見事で、3馬身半差の完勝にはケチをつける部分がありません。
不安の原因は、やはり朝日杯が行われる中山芝1600mのコースにあります。極端に外枠が不利(過去10年で7,8枠は連対1頭)で、時計がかかりまた直線が短く差しが効きにくいので、東京の馬場とは違った能力が求められます。
サダムパテックは、東京では長い直線を活かして差を広げましたが、短い中山の直線であのパフォーマンスが再現できるのか、一抹の不安があったのです。

結果としてその不安は当たって、サダムパテックは差し届かず4着。
ただ4コーナーから直線はスムーズに上がっていって、あとは差しきるかと思ったのに、坂で意外に伸びず、逆に後ろからきたグランプリボスに差されてしまいました。これは中山の適性以前の問題かもしれません。

先週の阪神JFで破れたダンスファンタジアについての藤沢和師のコメントで、「3戦目になるから気難しさが出てくることも考えていたが」というのがあり、数戦体験すると掛かるようになる馬がいることを初めて知ったのですが、サダムパテックもパドックはうるさく、また道中も掛かり気味に見えました。
最後に伸びなかったのは、そのあたりが原因なのかもしれません。

いずれにしてもキャリアが浅く、また気性的にも幼い2歳馬は、ある意味あてにならない部分が大きいのも確かです。それも考慮に入れて、馬券を買う必要がありますね。

ちなみに、今回はサダムパテックからの流し以外に、有力3頭(リベルタス、リアルインパクト、グランプリボス)のボックスも押さえていたので、事なきを得ました。
しかしサクラバクシンオーの子供が1600mのG1を勝ったのは、ちょっとした驚きでした。これで来年のクラシックで活躍すれば、短距離向きというイメージを大きく覆す快挙となるでしょう。
ぜひよい意味で、期待を裏切る場面を見たいものです。

2010年12月12日

2強対決はなぜか1頭が崩れます ~阪神JF

今年の阪神JFは、2強対決の様相でした。
かたやデイリー杯2歳Sで牡馬を相手にせず、上がり33.7で1.33.6というタイムで楽勝したレーヴディソール。
もう一方は、去年のアパパネも勝った500万下の東京芝1600m赤松賞で、上がり33.8、2 1/2馬身差で楽勝したダンスファンタジア。

重賞で牡馬を下したレーヴディソールが1.6倍の圧倒的な1番人気に支持されましたが、ダンスファンタジアの勝ち方も大物感あふれており、またダンスインザムードの娘ということで3.6倍の2番人気になりました。3番人気のアヴェンチュラが9.9倍なので、2強といっていいでしょう。

レースは先行各馬が抑えたこともあり、予想以上のスローペースとなり掛かる馬が続出。しかしやや出遅れたレーヴディソールは、落ちついて中団後方の外を進みます。
ところが同じく出遅れたダンスファンタジーは掛かってしまい、武豊騎手が必死になだめるものの、向こう正面では後方からレーヴディソール他を交わして一気に好位まで上がっていってしまいました。

そして直線に入ると、ダンスファンタジアは一瞬伸びかかるものの、掛かったのが災いしたのか、外から来たレーヴディソールに交わされると失速。過去2戦からは想像もできなかった0.8秒差の9着に終わりました。
対するレーヴディソールは、メンバー最速の上がり33.9で1/2馬身差し切り、無敗での2歳女王に輝きました。

パドックでも落ち着いているレーヴディソールに対して、ややテンションが高いダンスファンタジアに若干の不安を感じたのですが、輸送の負担を減らすための、藤沢和厩舎のめずらしい栗東滞在も、報われませんでした。

だいたいにおいて、2強対決の場合は1頭が崩れることが多いような気がします(テイエムオペラオー対メイショウドトウのように、きっちり2頭でワン・ツーを重ねる場合もありますが)。
その理由はさまざまあるのでしょうが、お互いにマークすることにより勝負どころで大きな負担がかかり、それに耐えられないほう(時には両方)が大きく負けてしまうとか、その勝負の間隙を縫って漁夫の利を得ようとする馬が必ず現れるとか、そんなところでしょうか。
これが3強だと意外とすんなり3頭で収まったりするのは、プレッシャーが分散するということもあるのかもしれません。

ただし馬券を買う側からすると、2強の場合その組み合わせは間違いなくオッズが低いので、その1点につぎ込むか、あるいは2強が崩れるのに賭けるか悩むことになります。前者を選ぶ場合、さらに3連複や3連単で2頭を固定することも多いでしょう。

しかし結果的には、どちらかが崩れるケースが圧倒的に多いような気がします。
今回も崩れるとしたら早いペースを経験していないダンスファンタジアだろうと思っていたら、まさにその通りになりました。

競馬を長くやっているからといって、馬券が当たりやすくなることは無いのではと経験的に思うのですが、こういうジンクスは知っておいて損はないです。ただしその場になると、なかなか思い切れないのですが。

2010年12月02日

あこがれのシンボリルドルフ

11/28の東京競馬場は、30回目のジャパンカップを記念して、1985年の優勝馬シンボリルドルフが来場しました。
個人的には、タマモクロス,オグリキャップの頃から競馬を見るようになったので、シンボリルドルフの現役時代は知らないのですが、91年のトウカイテイオー、92年のミホノブルボンと2年連続で無敗のダービー馬が誕生しながら、いずれも3冠には手が届かず、改めて無敗で3冠を制したシンボリルドルフの偉大さを強く感じました。

それ以来、シンボリルドルフ級の偉大な馬の誕生を夢見て競馬を続けて、ようやく2005年にディープインパクトを目撃することができたわけです。
しかし皇帝と呼ばれるにふさわしい堂々としたレースぶりや、いかにも性格がきつそうなつり上がった目などはビデオや写真でしか見ることができず、あと数年早く競馬を見ていればと後悔したものです。
また日高のシンボリ牧場は見学を受け入れていなかったので、生で見ることもかないませんでした。

そのあこがれの馬が東京競馬場にやってくるということで、ワクワクしながら出かけました。
昼休みにパドックに現れたシンボリルドルフは、29歳という年齢が信じられないほど若々しく、毛づやもピカピカで、驚かされます。
そして引退してから24年経つにもかかわらず、多くのファンがパドックにつめかけ、その人気の高さを、改めて感じさせられました。

パドックでは、主戦騎手を務めた岡部さん、そして井崎さん、鈴木淑子さんのトークショーがあり、最後はシンボリ牧場の方々を迎えて、馬服の贈呈と記念撮影が行われました。
そのあとローズガーデンに移動して引き続きお披露目されましたが、写真を撮る人の列が、ずっと続いていました。

先日老衰で亡くなったサクラユタカオーは、1つ年下の28歳ということで、29歳は馬としてはかなりの高齢だと思いますが、好成績を残した馬は心肺機能が優れており、長生きすることが多いそうです。
ルドルフが出るまでは、「シンザンを超えろ」が馬産のスローガンだったと聞いたことがあります。ルドルフには35歳というシンザンのサラブレッド最長寿記録も、ぜひ超えて欲しいものです。

シンボリルドルフ
25年ぶりの東京競馬場のパドックを歩くシンボリルドルフ

シンボリルドルフ
トレードマークの額の三日月もあざやか

シンボリルドルフ
シンボリルドルフをうれしそうに見つめるフジテレビの福原アナウンサー

シンボリルドルフ
トークショーを行う井崎さん、岡部さん、鈴木淑子さん

シンボリルドルフ
シンボリ牧場の方々を迎えて記念撮影