« 2008年07月 | メイン | 2008年11月 »

2008年10月26日

やはり血統?それとも展開? 菊花賞

菊花賞は1番人気の信頼度が低い。最近はステイヤー血統はこない。
レースの傾向としては、こんなところもあげられるのではないでしょうか。これに従うと、オウケンブルースリもフローテーションも軽視することになります。特にフローテーションは、神戸新聞杯の大敗と、調教でノットアローンに突き放されるのを見ると、さらに買いたくなくなります。しかしきてしまいました。

その原因を推理してみましょう。まずオウケンブルースリですが、夏の上がり馬で、神戸新聞杯3着かつその上位2頭は出てこないとなると、押し出された1番人気という言葉がぴったりの形になります。過去10年の1番人気は、ディープインパクトの1勝とスペシャルウィークの2着1回。あとは3着2回という体たらく。押し出され感いっぱいの1番人気は、心情的に避けたくなります。
でも結果を見ると、単純に強かったと言えるのではないでしょうか。3コーナーからのロングスパートで先頭に立ち、最後にフローテーションに詰め寄られると、もうひと伸びしました。馬体も大物感たっぷりで、ディープスカイに似た雰囲気を持っています。

次にフローテーションですが、これはやはり長距離血統ということになるのでしょう。そしてもうひとつ、予想以上にペースが早くなったことがあげられます。ノットアローンが掛かり気味に先行し、1000mが58.8と昨年より2秒早く、2年前とほぼ同じペースになりました。
こうなると中距離馬はつらくなり、先行馬はスマイルジャックを初め、みな沈んでしまいました。そこで本領を発揮したのが、ステイヤー血統のフローテーションだったわけです。もし昨年のようなスローペースで、上がりの競馬になれば、こなかった可能性が高かったのではないでしょうか。

3着のナムラクレセントは正直いってよくわかりませんが、先行してよく粘っているので、予想外にスタミナがあったということなのかもしれません。
しかしそもそもハイペースになることは読めなかったので、この結果を導き出すのも無理だったということになるのかもしれません。

2008年10月19日

荒れまくった3歳牝馬戦線でした 秋華賞

桜花賞も唖然としましたが、秋華賞は輪をかけてすごかったですね。
掲示板の5頭で、人気サイドは5着のエフティマイア(3番人気)だけ。1着ブラックエンブレムは11番人気だし、3着のプロヴィナージュは16番人気。2着のムードインディゴはローズS2着なのでもう少し人気があってもよいと思うのですが、フロックと思われたのか8番人気でした。

ただどの馬も、よくよく見てみれば、決して納得できなくはないのです。
まずブラックエンブレムですが、春にフラワーCを勝ったころは、堂々のクラシック候補でした。逃げ馬ではないのに押し出されたように逃げて楽勝しました。だから桜花賞でも、4番人気に支持されていたのです。
今回人気がなかったのは、ローズSで15着に大敗したせい(ローズSでも4番人気でした)ですが、あれは重馬場だったのと、当日休み明けで覇気がなかったのが原因ではないかと思います。競馬場のパドック放映で、前走時との比較が見られるのですが、ブラックエンブレムは前走との変わりように驚かされました。見違えるようによくなっていたのです。これは栗東に滞在して、じっくり仕上げたのも効いていたのかもしれません。
追いきりも今ひとつに見えたのですが、時計的にはレジネッタやマイネレーツェルよりも早かったんですよね。
そこで少し買ってみたのですが、残念ながらムードインディゴとの組み合わせは、買えませんでした。

ムードインディゴも、春には2000mの忘れな草賞を勝ち、ローズSもマイネレーツェルより早い上がりでハナ差の接戦をしています。牝馬の福永Jも味方したかもしれません。
プロヴィナージュはダートを中心に使われてきましたが、唯一の芝のレースが、福島のラジオNIKKEI賞でした。そこで牡馬相手に0.5秒差というのは、52kgを考慮しても評価できるのではないでしょうか。しかもフレンチデピュティ×サンデーという良血。

ついでに4着に入ったブライティアパルス(13番人気)も少し気になっていました。前走は古馬に混じって芝1800mの1000万下を逃げ切っているのですが、そのタイムが今回の出走メンバーの芝1800mの持ちタイムで1番早いのです。ローズSは重馬場だったし、1.46.3というタイムは特に早くはないですが、走ってもおかしくない要素はあったわけです。

春からの3歳牝馬3冠レースを見てみると、実は力差はほとんどないということがわかります。混戦のなかで、たまたまトライアルで好走した馬が人気になり、それがこけて高配当になるということが、続いてきたのではないでしょうか。
ただ今年の3歳は、レベル的には今ひとつなので、エリザベス女王杯は古馬中心になりそうな気がします。府中で勝ったブルーメンブラットも、2着のカワカミプリンセスも、休み明けとは思えない強さでしたからね。

2008年10月13日

ウオッカが逃げるとは・・・ 毎日王冠

好スタートを切ったのが、スーパーホーネットとウオッカ。スーパーホーネットはすぐに下げて4~5番手につけたものの、ウオッカの武豊Jは、なんと押して先頭へ。この瞬間、東京競馬場はどよめきに包まれました。
開幕週の馬場ということを考えると、1000m59.3秒というのは、決して早い流れではありません。現にウオッカは33.8で上がっており、バテてはいません。それを33.3で差したスーパーホーネットを褒めるべきなのでしょう。
しかし9頭が33秒台で上がるという上がりの競馬を、マイペースで逃げて差されたのは、褒められたものではありません。

ウオッカが逃げたのは新馬戦以来で、先行したのも、最近では前走の安田記念ぐらいです。安田記念のレースぶりと、先行有利の開幕週、逃げ馬不在のメンバーから、意表を突いた逃げになったのでしょう。しかし57kgを背負って目標にされる展開は決して楽ではなく、休み明けということもあり、末が甘くなってしまったのではないでしょうか。
桜花賞もそうでしたが、ウオッカは時々信じられないぐらい末脚が甘くなりことがあります。繊細な牝馬としては仕方ないのかもしれません。
しかし武豊Jが乗ると、これで3戦して0・2・0・1と未勝利。逃げて差され、差して届かずと、どうも相性がよくないような気もします。東京で5勝と、久々に関東ではじけた武豊Jですが、メインはケチがつきました。

天皇賞(秋)は、メイショウサムソンが参戦するようであれば、ウオッカは乗り代わりになるでしょう。それでもし勝ってしまったりすると、ますます相性的にどうなのかということになってしまいそうですね。

2008年10月05日

上村騎手&スリープレスナイト おめでとうございます!

スプリンターズSのスリープレスナイト本当に強かったです。そして上村J初G1制覇おめでとうございます。
スリープレスナイトは、掲示板をはずしたことがないという安定した成績と、前走の北九州記念の余裕をもった勝ち方から本命視していましたが、あんなに強い勝ち方をするとは、恐れ入りました。昨年2着のサンアディユもかなり強く、良馬場なら差しきっていたと思いますが、それ以上の強さではないかと思います。今後どこまで強くなるか楽しみです。

そして上村J。今年のCBC賞が10年ぶりの重賞制覇というのも驚きでしたが、よくくさらずにがんばり、また調教師も乗せてあげたと思います。上村Jといえば、ナリタブライアンが勝った94年のダービーで、2番人気で6着にやぶれたナムラコクオーをまず思い出します。パドックで見たときも、緊張して雰囲気に飲まれている感じで、ちょっと無理かなと思いました。
そしてサイレンススズカの主戦騎手として、デビューから神戸新聞杯まで手綱をとったこと。2戦目の弥生賞ではゲートをくぐってしまい、ダービーは先行して大敗。神戸新聞杯は2着に粘ったものの、そのあとは乗り変わられてしまいました。
その後目の手術をするなどして、なかなか勝ち星も伸びなかったようですが、17年目にしてようやくG1ジョッキーの仲間入りをしました。
後藤Jと抱き合って泣いていたのも、感動的でした。後藤Jも初G1制覇の時は号泣していましたので、その気持ちがよくわかったのでしょう。

後藤Jの本にも、競馬学校では上村Jが一番上手かったと書いてありましたが、今では後藤Jのほうが倍以上の勝ち鞍をあげて、かなり差が開いてしまいました。今後はその差を少しでも詰めるべく、ぜひ上村Jにもがんばってほしいと思います。