« 2007年05月 | メイン | 2007年07月 »

2007年06月24日

宝塚記念から凱旋門賞へ

ダービーを快勝した内容を評価されて、なんと1番人気に支持されたウオッカですが、残念ながら8着に終わりました。直線に入ったところでは、内から先頭に並びかけて見せ場は作ったものの、その後ずるずると後退してしまいました。
四位Jによると、折り合いを欠いたとのことで、たしかにスタート直後から向こう正面ぐらいまで、かなり行きたがっているように見えました。ダービーの時は折り合っていたので、どうしちゃったのでしょうか。
ただたとえ折り合ったとしても、今日の宝塚記念では勝つのは難しかったのではと思います。というのも、ウオッカといえば33秒台の上がりが象徴する切れで勝負するタイプです。しかし今日の阪神芝は、やや重発表とはいえ、ダートが不良になっていたように、かなり水気を含んだ馬場でした。実際に最速の上がりのアドマイヤムーンでさえ、36.2でした。
この状況で、ダービーやチューリップ賞のようなレースは、ちょっと期待できないのではと思うのです。

そこで凱旋門賞です。昨年ディープインパクトが出たときは良馬場でしたが、例年あの時期は雨が多く、重馬場になりやすいことは、よく知られています。しかも勝ちタイムを見ればわかるように、日本よりはかなり時計がかかる馬場です。
ディープインパクトのように、馬場状態に関係なく常に強い馬(昨年のやや重の宝塚記念も圧勝しました)は別として、良馬場の切れ勝負の馬では、正直いって厳しいのではと思います。
もちろんウオッカは今日の結果だけで見限りことはできないでしょう。前半折り合っていれば、差してきて上位だった可能性もあります。でも斤量差があるとはいえ、あのタフなレースは大変だと思います。
むしろメイショウサムソンのほうが、向いているかもしれません。ただ早め先頭で粘る脚質なので、あの長い直線では、追い出すタイミングが難しそうですが・・・。

ただチャレンジすることは、とても大事です。今回のウオッカのチャレンジは失敗しましたが、あの桜花賞の完敗から立て直してダービーを勝ったのですから、ぜひ陣営には工夫してもらって、凱旋門賞でいい競馬を見せて欲しいと思います。

2007年06月17日

いよいよ新馬戦が始まりました

今年ももうそんな季節になったんだなあと、感慨に浸る間もなく、続々と2歳馬がデビューしてきます。
開幕週の話題は、なんといってもエアグルーヴの娘のポルトフィーノでしょう。この時期から話題の大物がデビューするのは珍しいのですが、仕上がりも早かったのでしょう。
エアグルーヴも7月にデビューして、2戦目で勝ちあがり、阪神3歳牝馬Sで2着になるなど早くから活躍したし、父クロフネもデビューこそ10月でしたが、同じく2歳戦から活躍したので、十分その素質はあると思います。
しかしもったままで5馬身突き放すとは、恐れ入りました。まあこの時期なので、相手がどうかというのもありますが。放牧に出して秋に復帰ということなので、期待しましょう。しかし角居厩舎は、ウオッカに続き好調ですね。

毎年新馬勝ち第1号の種牡馬が注目されるのですが、今年はなんとショウナンカンプでした。函館芝1000mということもあるのでしょうが、ちょっと意外です。
昨年はキングヘイロー産駒(ローレルゲレイロ)、一昨年はフレンチデピュティ産駒と活躍馬を出している種牡馬の仔が多いので、ショウナンカンプも注目かもしれません。

2007年06月10日

今年は牝馬の当たり年?

3歳馬は、間違いなくそうですね。東京競馬場で行われた3歳G1は、すべて牝馬が勝ちました(オークスは当然ですが)。そして海の向こうでも、アメリカの3冠最終戦ベルモントSで、牝馬のラグストゥリッチズが1着。何と牝馬の優勝は102年ぶりだそうです。

古馬牝馬も、結構がんばっています。今年牝馬が出走した牡馬混合のG1は3戦。フェブラリーSはダメでしたが、高松宮記念はビーナスラインが11番人気で4着、安田記念はジョリーダンスが9番人気で3着と、勝てはしないまでも、上位入線しています。

そしていよいよ牝馬が強いといわれる夏が近づいてきました。去年も、函館スプリントS、プロキオンS、アイビスSD、小倉サマージャンプ、北九州記念、キーンランドC、セントウルSなど、結構多くの重賞レースを牝馬が勝ちましたし、札幌記念2着など侮れません。

まずはウオッカも登録した宝塚記念が注目でしょう。ヘタすると、カワカミプリンセスとのワンツー、さらにスイープトウショウも入れたワンツースリーも、ありえなくはないと思います。
メイショウサムソン、アドマイヤムーン、ダイワメジャー、ポップロックあたりは、かなり骨っぽいメンバーですが、そのぶんガチンコ勝負は楽しみです。馬券的には、どれから入るか悩ましいですが・・・。

2007年06月03日

最後は意外にも固く収まった安田記念

この春のG1は、稀に見る荒れ方をしてきたのですが、そんな中でいつも荒れる安田記念が固く収まるわけがないというのが、大方の見方ではなかったでしょうか。だから、1番人気の単勝が360円もついたのでしょう。
たしかにサンデーサイレンス産駒は勝ったことがないし、1番人気になったスズカフェニックスは、これまた来たことがない高松宮記念1着馬。ダイワメジャーもドバイでは3着とはいえ、アドマイヤムーンに0.8秒も離されている。前走好タイムで逃げ切ったコンゴウリキシオーも、最近きていない逃げ馬&マイラーズCからの直行。
つまり人気馬がみんな不安要素を抱えているわけです。しかも香港からの4頭は互いに勝ったり負けたりで実力がよくわからず、最近の流れでは牝馬も軽視できない。
新聞を見ると、いろいろな馬に◎が分散していて、予想家の人たちも苦労したようです。

でもふたを開けてみると、2,3番人気であっさりと決まってしまいました。しかも持ちタイムがよい順に1,2着。しかし内容はなかなか充実していたと思います。
ハイペースで逃げたコンゴウリキシオーは、坂に差し掛かっても逃げ脚は衰えず、東京のマイルは差し馬有利の常識に反して、粘ります。そこに伸びてきたのが、4番手追走のダイワメジャー。伸び悩む差し馬を尻目に、2頭で抜け出して、あっさり勝負ありでした。
3着もダイワメジャーのすぐ後ろにいたジョリーダンス。早めに抜け出して、アドマイヤキッスやスズカフェニックスの差し脚を封じました。

個人的には、久々に固く収まってほっとしたのですが、そう感じた人も多かったのではないでしょうか。しかも固いわりには、配当はそこそこよく、レース内容にも結果にも、満足しました。順当な安田記念は、なんと8年ぶりのことです。

これで東京の5週連続G1も終わり、いよいよ再来週からは夏競馬です。少しのんびりと楽しむことにしましょう。