« 2006年11月 | メイン | 2007年01月 »

2006年12月31日

2006年活躍した馬たち JRA賞をうらなう

JRA賞といっても、年度代表馬はディープインパクトで間違いないので、他の部門で活躍した馬たちを思い返したいと思います。
まず確実なところから。
年度代表馬:ディープインパクト
最優秀2歳牝馬:ウォッカ
最優秀3歳牡馬:メイショウサムソン
最優秀3歳牝馬:カワカミプリンセス
最優秀4歳以上牡馬:ディープインパクト
最優秀父内国産馬:カワカミプリンセス
以上は、おそらく問題ないところだと思います。今年は父内国産馬の活躍が多かったのですが、牝馬とはいえG1 2勝(実質3勝)の実績は、抜けていると思います。

そして意見が分かれそうなところ。
最優秀2歳牡馬:
これは順当にいけばドリームジャーニーでしょうが、そのドリームジャーニーを東スポ杯で破り、ラジオNIKKEI杯も勝ったフサイチホウオーの方が、どう見ても強いように思います。G1という格を重視するか、実力を評価するかということでしょう。
最優秀4歳以上牝馬:
まあダンスインザムードが妥当な線でしょうが、エリザベス女王杯で実質3歳馬にワンツーされてしまったわけだし、層の薄さが気になります。いや、ダンスインザムードはダイワメジャーを相手にがんばったと思いますよ。香港は残念でしたが。
最優秀短距離馬:
高松宮記念を勝ったオレハマッテルゼは、その後悲惨な成績だし、安田記念とスプリンターズSは外国馬に勝たれたし、実質的には該当馬なしが妥当だと思います。マイルCSを勝ったとはいえ、天皇賞(秋)を勝ち、有馬記念で3着に入ったダイワメジャーを短距離馬と呼ぶのは、とっても違和感を感じますし。まあ何ももらえないよりはいいか。
最優秀ダートホース:
カネヒキリ、アロンダイト、ブルーコンコルドあたりだと思いますが、カネヒキリ、アロンダイトはG1 1勝ずつだし、ブルーコンコルドはJRAのG1を勝ってないし。交流G1を含めればブルーコンコルドなんでしょうが、直近で印象が強いということで、アロンダイトになるんでしょう。
最優秀障害馬:
実績的には、今年重賞を3勝したスプリングゲントかコウエイトライ(どちらも小坂騎手!)が有力で、J・G2の分スプリングゲントかと思いますが、残念ながら中山グランドジャンプも中山大障害も出ていません。格でいえば、中山大障害を勝ったマルカラスカルになるのでしょうが、やはりちょっと納得いきませんねえ。

2006年12月25日

有馬記念とディープインパクトの引退

有馬記念は、まさにディープインパクトのためのレースという感じでした。みんなもそれを期待していたし、ディープインパクトもそれに応えて、今までで最高のパフォーマンスを見せてくれました。
4コーナーで、他馬とはまったく異なる次元の脚で上がっていく様は見事だったし、直線であっというまに先頭に立ち、突き放す完璧なパフォーマンスは、今まで見たことがないものでした。記憶に残るという意味で、すごいレースだったと思います。

4歳での引退には、かなり異論もあるでしょうし、金子オーナーも悩んだと思います。ただ「あと1年見守るにはハートが小さすぎた」という発言は、本音ではないかと思います。来年も現役を続行してそのパフォーマンスを見たいという気持ちは誰でもあるでしょうが、過去には5歳になって急速に成績が下降していった馬たちも多く、ディープがそのあとをたどらない保障はありません。
また全兄弟のブラックタイドやオンファイアが屈腱炎で長期休養をしていることを考えると、いつ同じことにならないとも限りません。それだったら、最高の時期に惜しまれて引退するというのは、みんなが幸せになれる選択だともいえると思うのです。

いろいろありながらも、絵に描いたような見事な結末で終わったことで、競馬ファンだけでなく、多くの人に強い印象を与えたことでしょう。ただ同時にひとつの時代が終わったようなさびしさも感じます。
わずか2年とはいえ、歴史に残る名馬の目撃者になれたことは、感謝すべきでしょう。
ただ来年が心配ですね。半弟のニュービギニング(なかなかすばらしい勝ち方でした)や、無敗のフサイチホウオー(まだ荒削りですが)などに期待したいと思います。来年もワクワクするような競馬が見られますように。

2006年12月11日

朝日杯で注目したのは、アロマンシェス?!

どうも調教を見たときから気になっていたのですが、パドックを見て、ますます怪しいと思うようになりました。それが(地)のアロマンシェスです。
北海道で6戦してわずか1勝。中央に移籍して3戦未勝利。前走の京王杯2歳Sでの3着も、普通ならフロックで済ませてしまうような成績です。賞金わずか200万と、1勝馬にも満たない金額では当然除外対象でしたが、続々回避してついにフルゲートを割り込み、なんと出走することになってしまいました。
当然検討時には、ハナから相手にしていなかったのですが、でも調教もパドックの気配もなかなかいいのです。鞍上は最近穴を連発している勝浦J。強気で登録してきたからには、もしかしたら何かあるかもと、ワイド(弱気)でオースミダイドウから押さえてみました。
ビリにはならない自信があったのですが、何と勝ったドリームジャーニーに次ぐ2番目の上がりタイムで、0.6秒差の7着と大健闘でした。
父は99年のNHKマイルCでシンボリインディの2着だったザカリア。たった5頭しかいない産駒の中で、出走してきたとか(もっとも中央未勝利ですが)。とりあえず、中央初勝利を目指して、がんばって欲しいものです。平場の500万下ぐらいなら、楽勝するのではと思うのですが・・・。

P.S オースミダイドウ故障のようで、残念です。やはり最後に差し返すときにかなり無理をしたのでしょうか。

2006年12月03日

新コースでの阪神JF

今回の阪神JFは、コースが改修されて、どう変わるかということに興味がありました。

唯一の3勝馬かつ重賞勝ち馬であるアストンマーチャンに対して、距離経験がないとか平坦しか経験がないとか短距離血統とか、さまざまな言い訳を考えて逆らってみようかと思ったのですが、展開的にも状態的にも問題ない以上、対抗より下には下げられませんでした。
そして案の定、ファンタジーSとほとんど同じ展開(ルミナスハーバーが自ら内をあけたのには驚きましたが)になり、あと200mまでは楽勝ムードでした。
最後にウォッカに差されたのは距離適性の差だと思いますが、9着まで9番人気以内の馬が、ほぼ人気を裏切らずに入ったということは、今までのようなビックリする結果は望み薄なのではないでしょうか。桜花賞も含めて、もう少し素直に考えたほうがよさそうです。

しかし関東馬は軒並み馬体を減らして、人気馬を含めて惨敗しました。この時期の2歳牝馬に輸送は負担が大きいとは思いますが、それを乗り越えられるような精神力の強さがないと、なかなか上位は望めないのかなという気もします。
去年のアサヒライジング(5着に負けましたが)や、2年前の桜花賞のダンスインザムードなど、調教をしっかりやって輸送して、なおかつ体が増えている馬は、安心して買うようにしているのですが、今年は馬体重が発表になった時点で、関東馬はいらないかなと思いました。
結果としてそのとおりになってしまったのですが、勝ち馬は関西馬ですが-10kgで出走しており、必ずしもそれがあてはまるわけではありません。

しかしこの時期に早いタイムできついレースをすると、あとの反動が心配になります。ウォッカはまだ底がありそうなので、春にはまたあの末脚を見せてくれるよう期待したいと思います。