メイン | 2006年05月 »

2006年04月30日

天皇賞(春) ディープインパクト

いやー、強かったの一言ですね。3コーナーののぼりで仕掛けて、くだりを利用して一気に先頭に立つなんて。
11年前に、ライスシャワーが3コーナーののぼりで先頭に立ち、そのまま押し切ったことがありました。でもあの時は最後ばてて、差してきたステージチャンプの蛯名騎手が思わずガッツポーズをしてしまうほどの僅差でしたが、ディープインパクトは最後抑えて、それでもレコードを1.0秒も更新するとは恐れ入ります。それに3200m走って上がりの3ハロンが33秒台というのは、驚異的といえるのではないでしょうか。
普通これだけ無理をすると故障することもよくあるのですが、ディープインパクトは脚元が丈夫で、その心配がないというのも、すばらしいことです。(まだわかりませんが、無事であることを祈っています)

これで夏以降の海外遠征も、本当に期待が持てます。世界でも屈指の力の持ち主であることは、おそらく間違いないし、うまくいけば、当然勝ち負けも期待できるでしょう。
エルコンドルパサーやゼンノロブロイの無念をぜひ晴らして、本場ヨーロッパの中長距離G1を制覇してもらいたいものです。

青葉賞のアドマイヤメイン

強かったですね。正直言って驚きました。
ずっと500万下を勝てなかったので、毎日杯を逃げ切ったときも、レースのレベルが低いのかなと思っていたのです。だから、今回もあまり評価していなかったのですが、脚質変更が成功したようです。
勝ち時計はダービーでも通用するし、突き放した勝ち方は、本番に期待ができるものでした。
これで鞍上が話題になるでしょう。アドマイヤムーンと馬主が同じだし、2400mを考えるとアドマイヤメインのほうが合っているような気がするし。武豊騎手が乗るほうが人気になるでしょうね。
あとは今のところ、皐月賞上位のうちフサイチジャンクとメイショウサムソンが期待できそうな気がするし、京都新聞杯で強い勝ち方をする馬がいれば、無視するわけにはいきません。
またしばらく悩むことになりそうです。

2006年04月24日

アンタレスS フィフティワナー

フィフティワナー強かったですね。5連勝でG3をあっさり逃げ勝ちました。何でもずいぶん気性が悪かったようで、去勢されて騸馬になってますが。G1では足りないけどG3ならという、ヒシアトラスやサカラートに勝ったのだから、G1挑戦という話が出ても、おかしくないでしょう。
名前はイチロー選手の背番号にちなんだとか。ということは、51erということかな。ダートに強い産駒を多く出すフォーティナイナーという種牡馬がいますが、その子供かと思ったらフサイチペガサスの産駒でしたね。○外だったし。
父のように強くなって、ゆくゆくはアメリカに凱旋帰国してビッグレースに挑戦してもらいたいものです。

2006年04月22日

はじめまして。

おさびし山ホースパークを開園しました。
これからコンテンツを増やしていきますが、まだちょっと工事中が多すぎますねえ。
徐々に充実させていきたいと思ってますので、気長に見守っていただければありがたいです。
よろしくお願いします。