レガシーワールドが亡くなりました

北海道新ひだか町のへいはた牧場で繋養されていたレガシーワールドが、8/18の早朝に老衰のため息を引き取りました。享年32歳。
前日まで元気だったそうですが、朝見に行ったら亡くなっていたとのこと。眠っているのかと思ったそうなので、穏やかな最期だったのでしょう。

レガシーワールドについては、以前にも書いているように、競馬を見始めたころに出会った思い入れのある馬でした。1993年のJCでは、声がガラガラになるぐらい大声を出して応援した思い出があります。
引退後も2回へいはた牧場を訪れて会ってきました。

最後に会ったのは、ちょうど2年前となる2019年8月。まだコロナ禍の前で、今思えば最後のチャンスだったわけで、思い切って行ってよかったと思っています。
とはいえ、どなたもいらっしゃらず、レガシーワールドがどの馬房にいるかわからなかったのですが、入り口に近い馬房にいた馬が顔をのぞかせていたので、確信はないもののレガシーワールドだろうと思って写真を撮ってきたのです。
あとで過去に撮った写真や、ネットに上がっている写真と流星の形を見比べてみて、おそらく間違いないだろうとは思うのですが・・・。

現役時代は入れ込みがきつく、パドックでは常にツル首で小脚を使い、返し馬ができずに厩務員さんがスタート地点まで引いていったのですが、不思議とレースでは掛かることがなかったのが印象的でした。
そして牧場では打って変わって穏やかな様子で、誰が行っても普通になでたりできるほどで、そのギャップに驚かされたものです。

いつ行っても会えるようなイメージだったので、もう会えないとなると、とても寂しいものがあります。
過去に撮った写真をあげて、冥福を祈りたいと思います。

レガシーワールド 2007年9月18日 へいはた牧場
レガシーワールド 2007年9月18日 へいはた牧場
レガシーワールド 2019年8月23日 へいはた牧場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。