ハーツクライ無事到着

毎年夏は、ローカル開催ということもあり、あまり話題がないのですが、今年はハーツクライがあのアスコットで行われるキングジョージⅥ&クイーンエリザベスステークスに挑戦するということで、今からわくわくしています。
無事に現地に着いたということで、まずは関係者も一安心ではないでしょうか。
ハーツクライといえば、一昨年のあの驚異的な時計のダービーで2着に追い込んできたあと、そのダメージのせいか、なかなか勝てず、もうダメなのかと思ってました。それをルメールが鮮やかに復活させたわけですが、レコードのJC2着といい、ディープインパクトを破った有馬記念といい、本当に強くなったなあと感心します。
ハリケーンランとかエレクトロキューショニストとか、強い馬はいますが、去年のゼンノロブロイを見れば、決して勝てない相手ではないと思います。
ぜひ好成績を収めて、凱旋門賞でディープインパクトとの揃い踏みを見てみたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。