« 2012年02月 | メイン | 2012年04月 »

2012年03月25日

やはり安田厩舎の揃い踏みでした ~高松宮記念

G1レースに複数の有力馬を送り込んでくる厩舎といえば、最近では昨年の有馬記念にオルフェーヴル(1着)、トゥザグローリー(3着)、トーセンジョーダン(5着)を出走させた池江厩舎がまずは思い浮かびますが、こと短距離戦となれば、やはり栗東の安田厩舎でしょう。
昨年のスプリンターズSも3頭を出走させて、見事にカレンチャンで優勝しましたが、高松宮記念にはそれを上回る4頭を出走させてきました。

しかもロードカナロアとカレンチャンは1,2番人気。昨年は2番人気だったダッシャーゴーゴーも、やや人気を落としたとはいえ6番人気です。あとは昨年の北九州記念を勝ったトウカイミステリー。
他に昨年の最優秀ダート馬に輝いたトランセンドも所属しており、池江厩舎に勝るとも劣らない、強力な布陣です。

そして結果は、2番手追走のカレンチャンが直線抜け出し、迫る後続を抑えて、見事にスプリントG1連勝を飾りました。
2着は追い込んできたサンカルロが入ったものの、3,4着は同厩のロードカナロアとダッシャーゴーゴーのたたき合いになり、クビ差でロードカナロアが3着、ダッシャーゴーゴーが4着となりました。
これで、今日の高松宮記念で安田厩舎は1,3,4着となったわけで、G1での上位独占は、快挙と言えるでしょう。

なぜ安田厩舎には、こんなに短距離の強い馬が集まったのでしょう。ダッシャゴーゴーはともかく、あとの2頭は血統的に短距離馬という感じでもなく、短距離が得意な馬を集めようとしたとは思えません。詳しくは知りませんが、短距離に強い馬を養成するような調教術があるわけでもないでしょう。
おそらく偶然なのでしょうが、ただ、強い馬を育てる実績がなければ、馬主も期待する馬を預けはしないでしょうから、やはり今までの地道な努力の積み重ねと言えるのかもしれません。

安田調教師といえば、個人的にはトウカイテイオーの主戦騎手という印象が、未だに強く残っています。ぜひこれからも、そういう記憶に残るような馬を育てていって欲しいと思います。

2012年03月18日

今年のクラシックは混戦?

フラワーC、スプリングSが終わり、まだ毎日杯が残っているものの、ほぼクラシック初戦の大勢が見えてきました。イメージとしては、やはり混戦模様という感じでしょうか。それは有力と見られていた馬たちが、必ずしも前哨戦で結果を残せていないということが、理由として挙げられます。

まず牡馬ですが、きさらぎ賞、若葉賞を制したワールドエースは人気に応えたものの、共同通信杯で1.4倍の圧倒的な1番人気に支持されたディープブリランテは掛かった上に直線で失速してかろうじて2着。さらに2.2倍で再び1番人気となった今日のスプリングSでも、やはり掛かって2着に終わりました。距離が伸びる皐月賞、ダービーでは、折り合いにかなりの不安が残ります。
弥生賞では2.9倍の1番人気だったアダムスピークが、見せ場なく8着に沈みましたし、スプリングSでは2番人気だった無敗のG1馬アルフレードも12着と大敗しました。

もちろん、共同通信杯を勝ったゴールドシップは、札幌2歳SやラジオNIKKEI杯で好走していますし、スプリングSを勝ったグランデッツアも同じく両レースで上位(札幌2歳Sは優勝)しているので、力があるのは間違いありません。
おそらくこの2頭とワールドエース、さらに弥生賞を好走したコスモオオゾラ(1着)やトリップ(2着&京都2歳S勝ち)あたりが、人気になるのでしょう。
しかし、どの馬も絶対的な強さは感じられず、もしかしたら、大敗組の巻き返しもあるかもしれず、悩みは尽きそうにありません。

さらに牝馬は、2戦2勝でG1を制してチューリップ賞で1.3倍の圧倒的な1番人気に支持されたジョワドヴィーヴルが、あっさりと3着に破れ、桜花賞トライアルをすべて関東馬が勝つという前代未聞の事態に・・・。
もちろんジョワドヴィーヴルの巻き返しはあるでしょうし、クイーンCを勝ったヴィルシーナやフィリーズRを勝ったアイムユアーズも実力馬なので、このあたりで決まる可能性は、高いと思いますが。

オルフェーヴルが阪神大賞典で逸走してまさかの2着に破れ、あらためて競馬に絶対はないと思い知らされたわけですが、混戦のときこそ予想のし甲斐もあるというものです。
これまでの戦績を再度チェックして、まずは桜花賞、皐月賞と、勝ち馬を見つけたいものです。