« 2011年05月 | メイン | 2011年09月 »

2011年06月26日

やはり勝ち運に見放された? ~宝塚記念

宝塚記念といえば、メジロライアンやメイショウドトウのように、なかなかG1を勝てない実力馬が、ようやく初戴冠を果たすレースというイメージがあります。まさに今年の勝ち馬アーネストリーも、実力はあるのにというタイプで、昨年の宝塚記念と今年の天皇賞(春)をともに3着と惜敗していましたが、6歳にしてG1馬となりました。関係者の皆さん、おめでとうございます。
アーネストリーの調教はとてもすばらしいもので、坂路を一直線に駆け上がって、最後までしっかり伸びていました。パドックでの気配もよく、まさに渾身の仕上げだったのでしょう。馬なりで4コーナーを先頭で回ると、4歳勢やブエナビスタの末脚を余裕で押さえ込む、見事なレースぶりでした。

それにしても、ブエナビスタはまたもや2着に終わりました。これで昨秋のJCで2着降着になってから、国内G1では4戦連続の2着。国内G1の通算成績も5・7・2・0と2着のほうが多くなってしまっています。
どんな馬場でもペースでも、必ず追い込んでくる精神力と末脚はすばらしいと思うのですが、あまりの2着の多さに、やりきれなさを感じてしまいます。やはり降着で勝ち運が逃げたということもあるのでしょうか。

ただ最近、パドックを見ていて以前に比べて微妙に覇気が足りないような気もするのです。いつもパドックは落ち着いて周回して、比較的おとなしい印象なのですが、その中にも隠れた気合のようなものが感じられたのです。しかし気のせいか、最近はそれがやや弱くなってきたのかなあと・・・。
今日もどうかなと思ったのですが、外を回って伸びてきた脚はさすがでした。ただオークスや昨年の天皇賞(秋)と比べると、やはり物足りなさを感じてしまいます。

テイエムオペラオーやゼンノロブロイも、一度勝ち運に見放されると、結局G1で再び勝ことなく引退していきました。なんとなく衰えが感じられた彼らに比べると、ブエナビスタはまだ望みがあるのではないかと思いたくなります。
ぜひ秋にはG1を制して、復活ののろしを上げてもらいたいものです。

2011年06月05日

リアルインパクトの勝因、アパパネの敗因 ~安田記念

今年の安田記念は、3歳馬のリアルインパクトの勝利で終わりました。
この開催から、オープンでは3歳馬と古馬の対戦が始まるのですが、いくら斤量差(安田記念では4kg)があるとはいえ、この時期では力差があるというのが、常識的な見方だったのではないでしょうか。

3歳で安田記念に出走した馬では、97年のスピードワールドが3着に好走していますが、2000年にNHKマイルC優勝から臨んだイーグルカフェが13着、またNHKマイルC3着の96年ゼネラリスト、04年メイショウボーラーもそれぞれ14,11着に敗れています。
しかもリアルインパクトは、朝日杯2着,NHKマイルC3着と底を見せていない印象もありますが、1勝馬で重賞も未勝利と、すでに重賞勝ちのあった前記の4頭に比べると、実績的にもやや劣るイメージがあります。

そのリアルインパクトの勝因はいくつか考えられますが、まずはNHKマイルCが、目一杯ではなかったということがあげられるのではないでしょうか。休み明けのNZトロフィーを大敗し、NHKマイルCは前が詰まって満足に追えたのは最後の100mぐらいと、不完全燃焼の競馬でした。それで力を温存することができたのではないかと思います。
あとはディープインパクト産駒のマイルへの適性の高さもあると思います。春のG1では桜花賞でマルセリーナが優勝し、NHKマイルCではコティリオンが2着と、いずれも連対を果たしましたが、オークス,ダービーでは3着以内を確保することはできませんでした。
そして安田記念でのリアルインパクトの激走。NHKマイルCの時にも書きましたが、現状では種牡馬ディープインパクトのマイル適性は、かなり高いのではないかと思います。

では、1番人気で残念ながら6着に敗れてしまったアパパネの敗因は何でしょう。
これは今まで牡馬相手に重賞を勝っていないという単純な事実もあげられますが、やはりヴィクトリアMでブエナビスタを破るという目一杯の走りをした影響が大きかったのではないかと思います。中2週でのG1連戦は、牡馬でも厳しいでしょう。しかもブエナビスタに勝つためには、かなりの無理をしたと思いますので、ヴィクトリアMと安田記念を連勝したウオッカとは、単純には比べられないと思います。

またアパパネはトライアルでよく不覚をとっていますが、逆に言うと本番の一発にかけるタイプで、常に強さを見せることが難しいのではないでしょうか。今日のレースでも、よく差してきてはいますが、ストロングリターンにはあっさりと交わされて、前走の粘りのようなものが、まったく見られませんでした。

これで上半期のG1は宝塚記念を残すだけとなり、今日走った馬の多くも、夏休みに入るのではないかと思います。アパパネには、今度はぜひマイルCSあたりを本気で狙ってもらって、今日のリベンジを果たしてもらいたいと思います。

リアルインパクト
リアルインパクトと戸崎騎手 戸崎騎手はJRAのG1初制覇おめでとうございます

リアルインパクト
リアルインパクト 3歳馬の優勝は第2回以来だそうです