« 2008年12月 | メイン | 2009年03月 »

2009年02月22日

やはりG1は7勝まで? ~フェブラリーS

フェブラリーSで1番人気に支持されたカネヒキリですが、残念ながら3着に破れ、G1 8勝目はなりませんでした。過去G1を7勝(交流G1含む)し、8勝目に挑んだ馬は、テイエムオペラオー、アドマイヤドン、ブルーコンコルド、そして今回のカネヒキリなどがいますが、いずれもその厚い壁に跳ね返されました。

テイエムオペラオーなどは、ほぼ確実にクリアするのではないかと思われながら、宝塚記念で初めてメイショウドトウに負けて2着に終わると、秋に天皇賞(秋)、JCとともに2着に破れ、結局7勝で終わりました。
アドマイヤドンも、確実に勝つと思われたJCダートで同厩舎のタイムパラドックスの2着になると、その後は精彩を欠いて、G1はおろか勝つことさえなく引退しています。
ブルーコンコルドは現役ですが、年齢的にもちょっとつらそうです。

G1を7勝するということは、少なくとも2年以上一線級でがんばることが必要なわけで、並大抵のことではありません。しかしどの馬も、お約束のように7勝で止まってしまうのは、どうしてなのでしょうか。
やはり、日本の競馬界を代表する名馬であるシンボリルドルフ、そしてディープインパクトを越えることは、競馬の神様が簡単には許さないのかもしれません。

カネヒキリは屈腱炎を克服して2年ぶりに復活するなど、とても苦労してきて、ここにきてG1を3連勝するなど、一気に記録更新かと期待されたのですが、またもや跳ね返されました。
しかしまだこれで終わりではありません。幸い地方競馬にはまだいくつもG1があり、JRAしかない芝のG1レースとは違って、チャンスは多く残されています。おそらく無事にいっても現役生活は今年いっぱいでしょうが、なんとかがんばって欲しいものです。

ただこのまま7勝でとどまって、やはりG1は7勝までしかできないという伝説が、続いていってほしいという気持ちがあるのも、事実です。

2009年02月15日

逃げ馬は強くない? リーチザクラウンのきさらぎ賞

きさらぎ賞は圧倒的な1番人気のリーチザクラウンが、余裕で逃げきって勝ちました。
戦前にリーチザクラウンの唯一の不安として、掛かり気味に逃げてしまうことがあげられていて、陣営もできれば今回は抑えたい意向だといわれていました。
しかし好スタートを切ると、武豊Jは最初こそ抑えるそぶりを見せたものの、そのあとはやや外よりをマイペースで逃げ、直線に入ると突き放して3 1/2馬身差の圧勝でした。

そのあとのインタビューで、次走は抑えられそうかとの質問に対して、武豊Jは「抑える必要があるんですか?僕はそう思いません」というような答えをしていました。
以前サイレンススズカについて語ったインタビューで武豊Jは、理想のサラブレッドは圧倒的なスピードで逃げてそれをゴールまで持続させるような馬だと答えていた記憶があります。そういう意味では、逃げ馬=あわよくば逃げ切りを狙う弱い馬というような図式は、必ずしも成り立たないと、武豊Jは考えているのではないでしょうか。実際にサイレンススズカやミホノブルボンのような、強い逃げ馬というのは存在します。

しかし今の競馬の常識は、ペースにあまり左右されず、かつ不利を受けにくい好位差しが、強い馬の理想的な戦法と考えられているのではないでしょうか。そのために新馬戦で圧倒的な逃げ切りを決めた馬も、2戦目以降は抑えることが多くなります。インタビューアも、そういう常識的な考え方から、上記のような質問をしたのでしょう。

でも武豊Jは、今日のきさらぎ賞で、ある程度ふっきれたのではないでしょうか。次にどこに出るか、また武豊Jが乗るかはわかりませんが、おそらく次も逃げることを進言するでしょう。
脚質というのは、ある意味その馬の個性であり、一番合った戦法をとるのが正しいのではないかと思います。

リーチザクラウンは、パドックなどではややテンションが高く見えますが、レース中は掛かっている感じでもないので、ぜひ正統派の強い逃げ馬として、クラシックを戦っていってほしいと思います。