カテゴリー: 距離適性

レイパパレの評価と3強の敗因 ~大阪杯

今年の大阪杯は、昨年の無敗の3冠牡馬コントレイルが、古馬になって初めてのレースということで注目されましたが、それを盛り上げたのは、昨年の最優秀短距離馬グランアレグリアとの初対決、そして春のクラシックで好勝負を繰り広げたサ …

もっと読む レイパパレの評価と3強の敗因 ~大阪杯

混戦を解くカギは何だったのか ~フェブラリーS

昨年の勝ち馬モズアスコットは引退し、チャンピオンズCの勝ち馬チュウワウィザードはサウジアラビアに遠征。東京大賞典を勝ったオメガパフュームは馬場が合わないのか、最近は中央のG1には出走せず。結果として、今年のフェブラリーS …

もっと読む 混戦を解くカギは何だったのか ~フェブラリーS

ディープインパクト産駒初のスプリントG1制覇 ~スプリンターズS

ディープインパクト産駒は、初年度産駒が3歳になった2011年以来毎年のようにG1を勝ってきましたが、スプリントG1とダートG1の各2戦ずつのみが未勝利となっていました。しかしついにグランアレグリアがスプリンターズSを快勝 …

もっと読む ディープインパクト産駒初のスプリントG1制覇 ~スプリンターズS

話題の馬と騎手たちのレースぶり ~フェブラリーS

今年のフェブラリーSの話題の中心は、何といってもJRAの女性騎手初となる藤田菜七子騎手のG1初騎乗でしょう。東京競馬場に行ってきたのですが、明らかに例年より来場者は多く、話題性や盛り上がりという意味では、とても大きな効果 …

もっと読む 話題の馬と騎手たちのレースぶり ~フェブラリーS

アドマイヤマーズとダノンキングリーの評価 ~共同通信杯

クラシック3冠を目指す500万以上のクラスの牡馬にとって、日本ダービーが行われる東京コースを経験できる事実上最後のチャンスということもあり、2月の極寒期に行われるにもかかわらず、共同通信杯は比較的レベルの高いメンバーで争 …

もっと読む アドマイヤマーズとダノンキングリーの評価 ~共同通信杯