人気どおりの函館記念

今年の函館記念は、なんと単勝1~3番人気が、人気順どおりに1~3着に入るという、前代未聞の結果になりました。函館記念といえば、七夕賞と並んで人気馬が勝てない、荒れる重賞として有名だったのですが、ここ数年おとなしくなってきたと思えば、ついにとっても固い決着となりました。
それでも3連単で7千円を超えたのは、荒れる=人気馬は信じられないという考えが、皆さんはたらいたからでしょう。

レースを数年単位で振り返ってみると、配当面でもある程度の傾向があるのではと思います。かつて日本一固いG1といわれたマイルCSも、最近では一筋縄ではいかなくなりましたし、かと思えば安田記念は昔から荒れ放題だし。
たぶん函館記念もあと1,2年は、比較的固いのではと思います(何の根拠もないけど)。 でも、ふとしたきっかけで、また荒れだすでしょう。
「何でこんな馬がくるんだよー。こんなの買えないよー」というレースも、あってもいいとは思いますが、そればっかりでは、つらいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。