« 2008年06月 | メイン | 2008年10月 »

2008年07月27日

名手2人が騎乗停止になるし、函館記念は固いし

新潟4Rで内田騎手が、小倉4Rで武豊騎手が、相次いで進路妨害で降着となり、ともに実効2日間の騎乗停止になりました。
新潟4Rは牝馬限定の3歳未勝利。逃げていた内田Jのスペシャルブラッドが、3コーナー手前で急に外によれて、3頭の進路を妨害しました。内田Jは特に何もしていないようなので、馬のせいということで、2日間になったのでしょう。こちらは、外の馬はかなりの不利を受けているので、まあ仕方ないかなと思います。
小倉4Rはダート1000mの2歳新馬戦。4コーナーで武豊Jのナリタシリカが制御できなくなって外に行ってしまい、2頭が不利を受けました。こちらはやや微妙な感じもしますが、1000m戦では小さな不利も致命的になるので、仕方ないかもしれません。

進路妨害は、最後の直線での騎手の制御法が問題になることが多く、この場合はたいてい4日間の騎乗停止になることが多いのですが、今回はいずれも追い出す前で騎手の制御というよりも、馬の気性の問題が大きいのでしょう。
こういう場合、騎手としては、ついてなかったと思うのでしょうかね。特に武豊Jの場合は当然初騎乗のわけだし、どんな気性かもよくわからないでしょうから、対処も難しいだろうし・・・。

そんな不穏な空気(?)の中で行われた函館記念ですが、最近の比較的固い傾向に乗って、固く収まりました。昨年こそ荒れたものの、2年前は1,2,3番人気で決まるなど、昔とは様変わりという感じです。
巴賞で末脚がよかった4番人気のトーセンキャプテンと、函館は8戦して3勝2着4回と得意で、巴賞1着の1番人気フィールドベアで決まりました。個人的にはパドックがよかったミストラルクルーズにちょっと期待してみたのですが、2走ボケでしょうか、まったく見せ場なしでした。

しかしエリモハリアーは偉いですねえ。8歳だし前走の金鯱賞は16着ながらトップハンデなので、さすがに今年はないだろうと思いましたが、1番の上がりで、3着とはハナ差の4着まで追い込んできました。もう少し前につければ、2着はあったかなという勢いでした。去年も巴賞大敗から巻き返しているので、この季節の函館の2000mがよっぽど合うのでしょうね。
ただオールカマーや毎日王冠でも上位にきていたので、高齢になっても力をつけているのは確かだと思います。同一重賞4連覇を達成していれば、間違いなく歴史に残っただろうし、とても残念です。
せん馬ということもあり、今年の秋も活躍して、ぜひ来年の函館記念にも出てもらいたいなと思います。