おさびし山ホースパーク おさびし山ホースパーク

トップ レースの記憶(観戦記) G1予想 私的名馬館 馬の本,DVDの紹介 オウンオピニオン(コラム)
リンク更新記録お問い合わせ  
 トップ > レースの記憶2022 > エリザベス女王杯
 
 

第47回 エリザベス女王杯(2022年)

11/13 阪神 芝2200m 曇り・重 18頭

 

秋の牝馬No.1を決める戦いで、ヴィクトリアマイルよりも中長距離向きのスタミナが問われる。
毎年3歳馬と古馬の比較が注目され、3歳馬が連対率上だが数は4歳馬。今年は5歳、3歳の評価高く、4歳馬は2頭のみ。
過去10年3番人気以内がほぼ連対していたが、昨年は人気馬総崩れ。6番人気以下の連対多くヒモ荒れの傾向
  1. デアリングタクト(4.3倍):無敗で牝馬3冠達成もその後は未勝利。宝塚記念3着とコース適性あり
  2. スタニングローズ(5.7倍):春はオークス2着など善戦し秋華賞1着。秋3戦目がどうか
  3. ナミュール(7.3倍):阪神JF、桜花賞1番人気と3歳馬で上位。秋華賞2着とたたいて上昇
  4. ジェラルディーナ(8.1倍):良血だが重賞勝ちきれなかった。前走オールカマーで重賞初制覇
  5. ウインマリリン(10.1倍):昨春天皇賞春5着など距離伸びて良いが、今年不振。札幌記念3着と復活傾向
    以下ピンハイ(11.8倍)、ウインマイティー(12.9倍)、マジカルラグーン(13.9倍)までが15倍以下

デアリングタクト:落ち着いているが適度な気合乗りで素軽い歩様。トモの踏み込み力強い
スタニングローズ:気合乗りよくクビを使ってぐいぐい歩く。トモの踏み込み深い
ナミュール:落ち着いておりゆったりした歩様。クビ使ってトモの踏み込み力強い
ウインマイティー:落ち着いており適度な気合乗り。力強い歩様でトモの踏み込み力強い
ウインマリリン:落ち着いており適度な気合乗り。トモの送り力強い
ジェラルディーナ:入れ込みきつくクビを振り小脚を使ってちゃかつく。トモは力強い

ほぼ揃ったスタートからローザノワールが押して前へ。マジカルラグーン、ウインマイティなどが続き、スタニングローズ、ピンハイ、ウインマリリンなどが好位。中団にデアリングタクト、ナミュール、その後方にアンドヴァラナウト、イズジョーノキセキ、ジェラルディーナ。後方はばらけてライラックなどがいて、最後方はアカイイト。2コーナーからローザノワールがやや離して逃げ、向こう正面で馬群は縦長に。1000mは1.00.3と重馬場にしてはやや速めのペース。

3コーナー手前から後方の馬が動き出し、徐々に馬群が詰まってくる。3コーナー過ぎから横に広がり気味になり、2番手のマジカルラグーンは早くも激しく手が動く。スタニングローズも鞍上の手が動き手ごたえが悪い。ローザノワールが3馬身ほど離して先頭で4コーナー回って直線へ。
直線に入って先頭のローザノワールにじりじりと外からウインマリリンが迫り、大外から一気にジェラルディーナも伸びてくる。内の先行した馬たちは伸び一息で、外のライラック、さらに最後方からアカイイトも脚を伸ばしてくる。

残り200m手前で内のローザノワールを交わしてウインマリリンが先頭。しかし外からジェラルディーナが1馬身差まで迫り、その2馬身後ろの外にライラック、やや離れた内にナミュール、その内にデアリングタクト。さらにアカイイトも伸びてくる。
残り150mで先頭のウインマリリンにジェラルディーナが並びかけると、ウインマリリンも必死で抵抗するが、残り100mでジェラルディーナが交わして先頭。さらに後方からライラックが一気に伸びてくる。
先頭のジェラルディーナはそのまま突き抜けて、1 3/4馬身差1着でゴール。2番手はウインマリリンが懸命に粘るところに、離れた外からライラックが並んだところがゴール。4番手は2馬身半離れて外のアカイイトと内のナミュールが並んでゴール。さらに2馬身離れて6着がデアリングタクト。

ジェラルディーナは後方の外を折り合って進むと、3コーナーから外を通って進出。4コーナー外から直線は脚を伸ばして、1番の上り35.4で突き抜けて1着。やや勝ちきれないイメージがあったが、馬場、距離もあった印象で良血が才能開花。
ウインマリリンは好位から早めに抜け出し直線も良く粘るが2着。先行馬では唯一上位に残り、力のあるところを見せた。
ライラックは後方からジェラルディーナを追って大外から追い込み2番の35.5で同着の2着。はまると鋭い末脚が生きる。
アカイイトは最後方から決め打ちで追いこんだが4着まで。ナミュールは中団後ろから脚を伸ばすが伸びきれず。デアリングタクトも直線は伸びなかった。

ジェラルディーナは折り合いに問題なく、末脚もよく良血が本格化した印象。距離も2000mを超えた方が合う印象。
ウインマリリンは先行馬で唯一上位とスタミナあり、時計掛かる馬場も良いか。距離伸びて期待できる。
ライラックはG1では大敗続きで勝負弱い印象があったが、末脚良くはまると強さを発揮する

斤量差もあり3歳馬が若干有利だが、世代間の力差は考慮が必要。特に3冠で好走した馬には注意が必要。また前年の好走馬は続けて好走する確率が高い。牡馬混合重賞での好走は高い評価が必要で、逆に連勝中でもOPまでは割引。府中牝S組は、必ずしも連対しなくても、末脚鋭い馬には注目する必要あり。京都ではスローになること多く、逃げ先行馬には注意。
着順 枠番 馬番 馬名 性齢 騎手 重量 タイム
着差
厩舎 人気
1 8 18 ジェラルディーナ 牝4 Cデムーロ 56 2.13.0 栗・斉藤崇 4
2 7 13 ウインマリリン 牝5 レーン 56 1 3/4 美・手塚 5
2 7 15 ライラック 牝3 Mデムーロ 54 同着 美・相沢 12
4 7 14 アカイイト 牝5 56 2 1/2 栗・中竹 11
5 6 11 ナミュール 牝3 横山武 54 ハナ 栗・高野 3
払い戻し金
単勝 18
810円(4番人気)
複勝 18
330円(4番人気)
13
370円(6番人気)
15
1,160円(13人気)
枠連 7-8
1,410円(7番人気)
馬連 13-18
15-18
1,920円(13番人気)
15,500円(70番人気)
馬単 18-13
18-15
3,520円(24番人気)
23,140円(127番人気)
3連複 13-15-18
90,210円(231番人気)
3連単 18-13-15
18-15-13
206,260円(1138番人気)
289,250円(1391番人気)
ワイド 13-18
1,570円(16番人気)
15-18
9,180円(78番人気)
13-15
8,380円(72番人気)
(レース結果はJRA発行のものと照合し、確認して下さい)


Copyright (C) 2022 Ferris Conducts. All Rights Reserved