おさびし山ホースパーク おさびし山ホースパーク

トップ レースの記憶(観戦記) G1予想 私的名馬館 馬の本,DVDの紹介 オウンオピニオン(コラム)
リンク更新記録お問い合わせ  
 トップ > レースの記憶2022 > フェブラリーS
 
 

第39回 フェブラリーステークス(2022年)

2/20 東京 ダート1600m 小雨・重 16頭

 

今年最初のG1レースで、上半期のダートNo.1決定戦
有力馬は海外遠征で回避。JBCスプリント圧勝のレッドルゼル、連覇狙うカフェファラオなどが人気も混戦。
スタートが芝で外枠ほど芝の部分を多く走ることもあり、外枠やや有利。近10年も勝ち馬は5頭が12番より外。残り4頭は4番以内と極端
  1. レッドルゼル(3.9倍):JBCスプリント3差圧勝で昨年4着。東京得意もマイル実績なし
  2. カフェファラオ(5.1倍):昨年1着で東京マイル3戦3勝。近1年3戦すべて着外でチャンピオンズC11着
  3. アルクトス(7.0倍):さきたま杯、南部杯と地方重賞連勝中。フェブラリーSは2年連続9着
  4. ソダシ(8.2倍):昨年桜花賞、札幌記念1着。ダート血統もチャンピオンズC12着
  5. テイエムサウスダン(8.9倍):兵庫GT、根岸S連勝中。1400m得意だがマイル2戦とも着外
    以下ソリストサンダー(9.0倍)、インティ(17.5倍)、エアスピネル(17.9倍)までが20倍以下

レッドルゼル:落ち着いてクビを使いリズミカルな歩様。トモの踏み込み深い
ソリストサンダー:適度な気合乗りでクビを使ってキビキビ歩く。トモの踏み込み深い
テイエムサウスダン:落ち着いているが気合乗りよい。トモの踏み込み深く力強い
ソダシ:気合乗りよくややテンション高め。トモの送り浅めも踏み込み力強い
アルクトス:適度な気合で落ち着きあり、リズミカルな歩様でトモも力強い
カフェファラオ:適度な気合乗りで前進気勢示す。雄大な馬体でトモの送り浅めも踏み込みは力強い

ほぼ揃ったスタートからテイエムサウスダンが好スタートで抜ける。しかし内から押してサンライズホープが先頭で、ダイワキャグニー、ソダシが続く。いったん下げたテイエムサウスダンだが、再び外から先頭を奪い返し、3コーナー手前でハナに立つ。ソダシ、サンライズホープが続き、カフェファラオも先団。その後ろにアルクトス、ソリストサンダー、レッドルゼル。中団後方にタイムフライヤー、スワーヴアラミス、ミューチャリーなどがいて、インティ、テオレーマ、エアスピネルなどが後方。最後方がサンライズノヴァ。
600mは34.5と重馬場にしては平均やや遅めのペースで、やや縦長の体勢で進む。

3コーナーから徐々に馬群が詰まり、一団となって4コーナーを回る。
直線に入って1馬身差でテイエムサウスダンが先頭。1馬身差の外にソダシで、カフェファラオが続き、その直後にアルクトス、ソリストサンダー。残り400mを切っテイエムサウスダンがやや抜けて先頭で、2番手にソダシ。その内に後退気味でサンライズホープ、外にカフェファラオだが、カフェファラオの手応えがいい。残り300mでカフェファラオがソダシを交わして2番手に上り、テイエムサウスダンとの差を詰める。

残り200mでカフェファラオがテイエムサウスダンを交わして先頭。1馬身半差で3番手のソダシが懸命に前を追い、4番手は2馬身離れてソリストサンダー。さらにアルクトス、タイムフライヤーがその後ろで前を追う。
残り100mでカフェファラオは1馬身差で先頭でさらに脚を伸ばす。テイエムサウスダンとソダシの1馬身半差は変わらず、4番手のソリストサンダーがじりじりと差を詰めてくる。
しかし重馬場もあって各馬の位置関係は変わらず、先頭のカフェファラオは力強く脚を伸ばすと、最後は2 1/2馬身差をつけて1着でゴール。2着はテイエムサウスダンが懸命に粘り、ソダシは最後まで前を追うが1/2馬身差の3着まで。さらにじりじりと伸びたソリストサンダーがクビ差まで迫るが4着。タイムフライヤーが5着に入り、伸び一息のレッドルゼルは6着まで。

カフェファラオは先行して外から脚を伸ばし強い勝ち方。東京のマイルは4戦4勝と安定して力を発揮。他のコースのレースぶりと大きく異なり、このコースでの強さは特筆できる。
テイエムサウスダンは途中から逃げて粘る。距離を克服した感もあるが、重馬場に助けられた面も大きいか。
ソダシは先行して粘りダートでも力があるところを見せた。最後まで伸びており距離も合う印象。ソリストサンダーは位置取りの差があるが良馬場の方が向くか。

カフェファラオは休み明けと東京マイルは走るので、この条件なら確実に好走。条件が変わった際は現状ではどうか
テイエムサウスダンはマイルでも対応できるがG1ではやや足りない印象。距離は1400mが合う
ソダシはダート2戦目でうまく対応できたが、牡馬混合G1では足りないか。芝・ダート問わずマイルが最も合う印象

格よりも調子だが、1600mよりも長い距離で実績がある馬の好走確率が高い。ただしダート重賞、特に東京で3着以内の好走歴は必要。なお近年はペース上がることが多く、差し馬有利。ただし重は先行有利。枠は芝を走る距離が長い外か経済コースの内が有利。
着順 枠番 馬番 馬名 性齢 騎手 重量 タイム
着差
厩舎 人気
1 3 6 カフェファラオ 牡5 福永 57 1.33.8 美・堀 2
2 8 15 テイエムサウスダン 牡5 岩田康 57 2 1/2 栗・飯田雄 5
3 6 11 ソダシ 牝4 吉田隼 55 1/2 栗・須貝 4
4 7 13 ソリストサンダー 牡7 戸崎 57 クビ 栗・高柳大 6
5 4 7 タイムフライヤー 牡7 横山武 57 1 1/4 栗・橋口 15
払い戻し金
単勝 6
510円(2番人気)
複勝 6
230円(2番人気)
15
310円(5番人気)
11
410円(7人気)
枠連 3-8
700円(2番人気)
馬連 6-15
2,640円(8番人気)
馬単 6-15
4,690円(13番人気)
3連複 6-11-15
16,200円(53番人気)
3連単 6-15-11
76,940円(240番人気)
ワイド 6-15
1,230円(9番人気)
6-11
1,980円(23番人気)
11-15
3,830円(46番人気)
(レース結果はJRA発行のものと照合し、確認して下さい)


Copyright (C) 2022 Ferris Conducts. All Rights Reserved