おさびし山ホースパーク おさびし山ホースパーク

トップ レースの記憶(観戦記) G1予想 私的名馬館 馬の本,DVDの紹介 オウンオピニオン(コラム)
リンク更新記録お問い合わせ  
 トップ > G1予想 2022 > ヴィクトリアマイル
 
 

第17回 ヴィクトリアマイル(2022年)

5/15 東京 芝1600m 18頭


評価 馬名,騎手名 良い要素/悪い要素
レイパパレ
川田
牝5 栗東・高野
デビュー6連勝で昨年重の大阪杯逃げ1番の36.8で4差1着。前走大阪杯クビ差2着と復活。東京初も左回り1・1・0・0
× マイルは2年ぶりで戸惑いないか。東京コース初で中山オールカマー4着と関東輸送どうか
ソングライン
池添
牝4 美浦・林
昨年NHKマイルC中団からハナ差2着。富士S中団からクビ差1着。前走サウジのG3で1着。末脚よい。東京2・2・0・0
× 桜花賞不利あるも15着、阪神C15着などややムラあり。富士Sは52kgの軽量。海外帰国初戦はどうか
ファインルージュ
ルメール
牝4 美浦・木村

桜花賞3/4差3着、秋華賞1/2差2着。紫苑S好位から1 3/4差1着。東京新聞杯2着と東京マイル合う。上り上位

× 全3・3・1・1と勝ちきれない面あり。G1は2着まで
アンドヴァラナウト
福永
牝4 栗東・池添学
ローズS1 1/4差1着。秋華賞好位から1差3着、前走阪神牝S先行して1/2差2着。全3・4・1・1と安定。良血で兄弟も活躍
× 未勝利勝ちまで3戦とやや勝ちきれない面も。2走前愛知杯11着。マイル1・3・0・0とやや勝ちきれない。東京初
デアリングタクト
松山
牝5 栗東・杉山晴
無敗の牝馬3冠。3歳JCも中団から1 1/2差3着。全5・1・2・0と着外なし。末脚常に1,2位
× 昨年4月末の香港以来の1年半ぶりの実戦でどうか。マイル3戦3勝も桜花賞以来。近走2000m以上で戸惑いないか
ソダシ
吉田隼
牝4 栗東・須貝
阪神JF1着、桜花賞レコードクビ差1着と芝マイル3戦3勝。フェブラリーS先行して3着に粘る。先行して末脚しっかり
× オークス、秋華賞と大敗。フェブラリーS3差と着差大。勝つときは僅差。久々の芝で対応できるか
レシステンシア
横山武
牝5 栗東・松下
桜花賞、NHKマイルCともに2着。昨年高松宮記念、スプリンターズSとも2着。マイル1・2・1・2と安定
× 2年前マイルCS、昨年ヴィクトリアM古馬マイル戦ともに着外とマイルG1はどうか。前走高松宮記念逃げて1 3/4差6着
逃げてこその馬もいるが、平均から遅めのペースとなりそう。またBコースに変わることもあり、東京のマイルにしては先行馬の連対は比較的多い。ただし近10年で5回は差し追い込み馬同士で決まっており、基本的に差し馬中心。
独自の消去法による生き残り馬は下記のとおり。[( )は可能性あり]
デアリングタクト、(ソングライン)、(メイショウミモザ)、(ソダシ)、(レシステンシア)、ファインルージュ、(ミスニューヨーク)、(レイパパレ)、アンドヴァラナウト
レイパパレ

古馬牝馬では実績上位。復調気配でマイルこなせれば

ファインルージュ オークス以外は安定して上位で4歳勢では上位だが勝ちきれない
ソングライン スピードありマイル実績もある。東京も得意
アンドヴァラナウト 安定感あるがやや勝ちきれない面も
ソダシ マイルは得意で前走で復調傾向
デアリングタクト 能力は上位で1年以上の休み明けをこなせば
レシステンシア 短距離指向だがマイル実績あり


 結果はこちら⇒

Copyright (C) 2022 Ferris Conducts. All Rights Reserved