おさびし山ホースパーク おさびし山ホースパーク

トップ レースの記憶(観戦記) G1予想 私的名馬館 馬の本,DVDの紹介 オウンオピニオン(コラム)
リンク更新記録お問い合わせ  
 トップ > G1予想 2022 > フェブラリーS
 
 

第39回 フェブラリーステークス(2022年)

2/20 東京 ダート1600m 16頭


評価 馬名,騎手名 良い要素/悪い要素
レッドルゼル
川田
牡6 栗東・安田隆
前走JBCスプリント中団から3差1着。根岸Sアタマ差1着など東京ダ2・1・0・1。全8・6・2・3と安定。末脚常に上位
× 1400m得意でマイルは昨年3差4着のみ。ロードカナロア産駒で距離どうか。勝ちきれず、勝っても着差少
カフェファラオ
福永
牡5 美浦・堀
昨年のフェブラリーS先行して3番の35.6で3/4差1着。ユニコーンSなど左回りで重賞3勝。上り上位。東京3・0・0・0
× 昨年1着後は3戦とも着外。前走チャンピオンズCも中団から伸びず2.0秒差11着。乗り替わりもどうか
ソリストサンダー
戸崎
牡7 栗東・高柳大

2走前武蔵野S中団から36.3で1 1/4差1着。東京ダ1600m1・2・0・1。南部杯3着など昨年G1で良績。末脚良い

× 昨年は後方から1.0秒差8着。G1は2着までと勝ちなし。前走根岸S1番人気も4差7着と勝てず。勝ちきれない
テイエムサウスダン
岩田康
牡5 栗東・飯田雄
ダ1400m重賞を5勝。前走根岸S中団から2番の35.8で1差1着。近6走4・1・0・1で4勝は重賞と充実。末脚良い
× マイルは2戦とも着外。昨年武蔵野S好位退5 1/4差9着。良績は地方で中央は今一つ
アルクトス
田辺
牡6 美浦・栗田
南部杯2連覇中でさきたま杯と連勝中。南部杯先行して2 1/2差1着。左回り9・2・0・6で東京5・1・0・3。休み明け良績
× フェブラリーSは2年連続9着。2年前チャンピオンズC9着とJRAのG1良績なし。地方の馬場に良績。上りも今一つ
ソダシ
吉田隼
牝4 栗東・須貝
阪神JF1着、桜花賞レコードクビ差1着とマイル3戦3勝。札幌記念先行押切3/4差1着。先行して末脚しっかり。ダート血統
× 初ダートのチャンピオンズC逃げて2.3秒差12着大敗。マイル得意もダート慣れしておらずどうか。勝つときも僅差
エアスピネル
Mデムーロ
牡9 栗東・笹田
5年前マイルCS2着。昨年フェブラリーS中団から1/2差2着。ダ0・4・1・4も重賞2着4回と好走。東京ダ0・2・1・0
× 全4・7・5・13と勝ちきれない。芝頭打ちでダート転向も未勝利。前走チャンピオンズC1.7秒差9着。年齢的にもどうか
重馬場が予想され、先行馬揃いやや速めの流れになるか。直線長く差し馬有利。過去10年逃げ先行で連対は7頭で、傾向的には差し馬+力のある先行馬あるいは差し馬同士のパターンが多い。
独自の消去法による生き残り馬は下記のとおり。[( )は可能性あり]
(アルクトス)、(レッドルゼル)、(ミューチャリー)、(ソリストサンダー)、(テイエムサウスダン)
ソリストサンダー

マイルは最適で東京も良績。休み明け根岸Sたたいて上昇

レッドルゼル 近走充実しており東京得意。鉄砲も効き、距離をこなせれば上位
カフェファラオ 近走低迷もコース得意。意欲的な調整もよいか
テイエムサウスダン 重賞連勝中と充実。根岸Sで東京こなし、今なら距離克服も
アルクトス フェブラリーS2年連続9着も東京マイル得意。立ち回り次第で
エアスピネル ダートは勝ちきれないが重賞でも好走。末脚良く東京合う
ソダシ 近走不振も血統的に可能性はある。距離最適で先行してどこまで


 結果はこちら⇒

Copyright (C) 2022  Ferris Conducts. All Rights Reserved