高松宮記念は武豊騎手にやられました

スズカフェニックスの強さは素直に認めるしかありません。阪急杯を見て、1200mではさらに脚を余す危険があるのではと思っていましたが、名手がそんなバカなことをするはずはないですよね。高松宮記念への出走は、武豊J自ら進言したということなので、やはり自信があったのでしょう。

実は悔しいのは、プリサイスマシーンを本命にしていたからでもあります。道中あきらかに武豊Jは安藤勝Jのプリサイスマシーンをマークしており、4コーナーでは早めに外から並びかけて、プリサイスマシーンを内に閉じ込めようとします。
前があいていればまだよかったのですが、あいにく前にいたオレハマッテルゼとスズカフェニックスに挟まれて、プリサイスマシーンは完全に行き場を失ってしまいました。そこから外に進路を変えて追い出したものの、スムーズにあがってきたペールギュントに交わされ3着。あれがなければ2着はあったでしょうから、1-2番人気だったとはいえ、残念です。
プリサイスマシーンの反応がいまいちだったこともあり、斜行ではないのですが・・・。

武豊Jには、同じようなことを何度かやられた記憶があり、上手いというかずるいというか、感心してしまいます。やはり勝負への執念が強いというのは、名騎手の条件のひとつなのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。