あっ、10番だ!【根岸S】

一応パドック派なのですが、せっかく見つけた穴馬を買わずにくやしい思いをすることが、時々あります。
今日(1/28)の東京10Rでのヨイチサウスがそうでした。目に留まったのですが、あまりの人気のなさに捨ててしまいました。終わってみれば万馬券。
(ちなみに勝ったアグネスアークは、これでデビュー4連勝。今後が楽しみです。)

そこで根岸Sは、素直によく見えた馬を買うことにしました。
タイキエニグマも、リミットレスビッドも、ボードスウィーパーもよく見えたのですが、中でも目だったのはビッググラスのできのよさでした。たてがみをなびかせながら、さっそうと歩くその姿は、まさに絶好調という感じ。
しかも前走は実績のない芝(京都金杯)で14着と対象外。その前はダート1400mで、準オープンとはいいながら、なかなかのタイムで勝っています。人気はないけど、一応押さえとして、断然人気のシーキングザベストとの組み合わせの馬連と、複勝を買うことにしました。

レースはトウショウギアが逃げ粘るところ、ゴール100m前でシーキングザベストが先頭に立ち、あとは何がくるかと見ていると、抜けてきたのは10番の馬。10番って誰だっけと新聞を見ると、何とビッググラスではないですか。
するとさらに外からもう1頭伸びてきます。ビッググラスからは1点しか買ってないので、あわてて「そんまま!」と叫びますが、並んだところがゴール。なんとかシーキングザベストが粘ってくれて、審議も特に問題なく無事確定。

まさか来るとは思っていなかったので、ちょっとびっくり。たまには、自分の目を信じて買ってみるのもいいですね。ただ、残念ながら来ないことの方が多いですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。