メイン

2011年12月31日

2011年を振り返る&JRA賞を占います

2011年の競馬も終了しました。そこで、今年を振り返るとともに、JRA賞を個人的に予想してみたいと思います。

今年はなんといっても3/11の震災の影響が大きく、特に東日本では約1ヵ月半、開催がすべて中止となり、クラシックのトライアルを含めて主要なレースはすべて関西で行われました。その影響を受けた人馬は、少なくなかったのではないでしょうか。
そんな中、3/26に行われたドバイWCでの、ヴィクトワールピサとトランセンドのワンツーフィニッシュは、競馬ファンのみならず、多くの日本人に希望と勇気を与える走りだったと思います。
また2005年のディープインパクト以来となる牡馬クラシック3冠を、オルフェーヴルが達成したのも、明るい話題でした。過去の3冠馬とは異なり、皐月賞までは3冠を取るとはほとんどの人が思っておらず、急激に成長したというのも、特徴的だったと思います。
それでは、それぞれの部門ごとに振り返ってみます。

まずは確実なところから。
●最優秀2歳牡馬
これはアルフレードで問題無しですね。ラジオNIKKEI杯が1勝馬のアダムスピークの優勝に終わり、札幌2歳Sの覇者グランデッツァが3着に終わったこと。また札幌2歳Sで3/4馬身差3着のマイネルロブストが、朝日杯FSでは2馬身差の2着だったことからも、朝日杯を圧勝したアルフレードは、世代トップ評価でいいと思います。

●最優秀2歳牝馬
阪神JFを勝ったジョワドヴィーヴルは2戦2勝とキャリアが浅いですが、世代のトップクラスはほぼ集まっていたことと、そこで2馬身半差で圧勝したことで、これも文句なしでしょう。

●最優秀3歳牡馬
これはクラシック3冠+有馬記念を勝ったオルフェーヴルしかないでしょう。G1勝ちということでは、NHKマイルCのグランプリボス、春に安田記念で古馬を破ったリアルインパクトもいますが、複数のG1を勝ち、かつ最後に古馬の一線級をまとめて下したのは大きいです。

●最優秀4歳以上牝馬
G1を勝ったのは、ヴィクトリアMのアパパネ、スプリンターズSのカレンチャン、JCのブエナビスタですが、ブエナビスタはヴィクトリアM、宝塚記念の2着があり、またJCでG1勝ちの一線級の牡馬や外国馬を下していることから、2年連続でこのタイトルを取るのは、ほぼ間違いないところだと思います。

●最優秀短距離馬
スプリントおよびマイルG1は、すべて勝った馬が異なるので、その意味では混戦ですが、サマースプリントシリーズで2勝して2位になり、その後スプリンターズSを勝ったカレンチャンが安定した成績を残しており、最もふさわしいと思います。

こうやって見ると、昨年に引き続いて牝馬の活躍が目立った年と言えると思います。ウオッカ、ブエナビスタと引き継いできたこの流れを、来年はジョワドヴィーヴルが受け継いでいくのでしょうか。注目したいと思います。
では以下は、ちょっと迷うところを。

●最優秀3歳牝馬
3冠すべて異なる馬が制し、かつそれぞれの馬が他のレースでは活躍していないので、人によって見解が分かれると思います。ただし秋華賞を制したアヴェンチュラがエリザベス女王杯でも2着と好走しており、また春のクラシックは怪我で不出走だったということから、ここはアヴェンチュラが一番ふさわしいと思います。

●最優秀4歳以上牝馬
芝のG1を2勝以上した馬が不在で、ここが最も悩ましいと思います。ただ、どうしても春秋の天皇賞とJC,有馬記念が重視される傾向から、天皇賞(秋)を勝ち、JCで2着に好走したトーセンジョーダンが最もふさわしいのではないでしょうか。ダートでもということであれば、トランセンドという線もあると思いますが。

●最優秀ダートホース
JRAでダートG1を3勝したトランセンドと、交流G1を3勝したスマートファルコンの一騎打ちです。帝王賞の大差勝ちと、直接対決のJBCクラシックで勝っていることから、成績的にはスマートファルコンですが、昨年同様にJRAのレースに1回も出ていないのがネックです。それに東京大賞典のレースぶりから、絶対的な強さという感じでもないので、やはりトランセンドということになるのではないでしょうか。

●最優秀障害馬
中山GJを勝ったマイネルネオスと柴田大騎手は感動的でしたが、暮れの中山大障害では4着に敗れてしまいました。その中山大障害を勝ったのは、柴田大騎手で東京ジャンプSと東京ハイJを勝ったマジェスティバイオ。初のJ・G1制覇となった山本騎手はしきりと代打騎乗を強調していましたが、お手馬が重なった柴田大騎手も複雑でしょう。
ということで、重賞勝ち数から、ここはマジェスティバイオだと思います。

そして年度代表馬ですが、これはクラシック3冠+有馬記念を制したオルフェーヴルで間違いないでしょう。過去に3冠+有馬記念を制したシンボリルドルフもナリタブライアンも、その年の年度代表馬に選ばれています。
逆に古馬陣の層が薄いのが気になるところです。特に期待された4歳牡馬が振るわず、G1勝ちは天皇賞(春)のヒルノダムールとマイルCSのエイシンアポロンの2頭のみ。2012年もオルフェーヴルの活躍を許すことになってしまう可能性が高いです。
まあすでに国内には敵がいない状況でもあり、海外での活躍もぜひ期待したいと思います。

2010年12月30日

JRA賞を占う&今年を振り返ります

有馬記念も東京大賞典(スマートファルコン強かったです)も終わり、2010年の競馬も終了しました。
そこでJRA賞を占いながら、今年を振り返ってみます。

まずは確実なところから。
●最優秀2歳牡馬
これはグランプリボスで文句なしでしょう。毎年ラジオNIKKEI杯の勝ち馬と議論になりますが、今年の朝日杯は2歳重賞の牡馬連対馬が、オールアズワンを除いてほぼ顔を揃えるという好メンバーで、それを勝ったのですから議論の余地はないと思います。

●最優秀2歳牝馬
こちらもレーヴディソールで決まりですね。デイリー杯を圧勝し、阪神JFでも圧倒的な1番人気に応えて快勝しました。すでにウオッカやブエナビスタ級の活躍を期待する声もありますが、素質は相当なものだと思いますので、ぜひ無事にいってほしいと思います。

●最優秀3歳牡馬
これはG1を2勝したヴィクトワールピサでしょう。有馬記念の前までは混戦で、ローズキングダムとエイシンフラッシュにも有馬記念の成績次第ではチャンスがあったと思います。しかしフランス遠征での不振を吹き飛ばした有馬記念の走りは見事でした。

●最優秀3歳牝馬
牝馬3冠を制したのですから、アパパネしかないでしょう。勝ったときの着差が少なく、トライアルも負けていますが、本番での強さにはすごいものがあります。オークスも負けたかと思ったのですが、なんとG1で史上初の1着同着となりました。

●最優秀4歳以上牝馬
これもブエナビスタで決まりだと思います。G1は辛勝のヴィクトリアマイルと、天皇賞(秋)の2勝ですが、宝塚記念、有馬記念の両グランプリで2着となり、JCは降着となったものの圧倒的な強さを見せました。牡馬相手のG1で連対をはずさない安定感は、すばらしいの一言です。

こうやって見てみると、牝馬の強さが目立った1年だったと思います。牝馬が強くなったのか、牡馬が弱くなったのか、いろいろ議論がわかれるでしょうが、ぜひ来年は牡馬にも奮起してもらいたいものです。
では、以下はちょっと迷うところを。

●最優秀4歳以上牡馬
G1を2勝以上した古馬の牡馬がいないので悩ましいのですが、常識的には宝塚記念を勝ち、凱旋門賞2着となったナカヤマフェスタでしょう。ただしJCの大敗や、国内重賞勝ちが宝塚記念のみというのは、すこしさみしいものがあります。来年の活躍を期待したいものです。

●最優秀短距離馬
短距離路線は混戦で、スプリンターズSも香港の馬が勝つなど、ややレベル的にも厳しい感じですが、ここは高松宮記念を勝ち、スプリンターズSも繰り上がりとはいえ2着になったキンシャサノキセキでしょう。阪神C勝ちも大きいと思います。ただ来年は世代交代がありそうですね。

●最優秀ダートホース
交流重賞の成績も加味するとスマートファルコンも有力だと思いますが、今年JRAのレースには1戦も出ていないので、やや尻すぼみとはいえフェブラリーSとかしわ記念を勝ったエスポワールシチーでしょうか。トランセンドは交流レースも含めてG1はJCダートだけなので、ちょっと厳しいかと。

●最優秀障害馬
実はこれが1番悩ましいのですが、重賞を複数勝っているランヘランバもコウエイトライも、J.G1には出走すらしていません。また中山GJを8番人気で勝ったメルシーモンサンは今年その1勝のみで、中山大障害を10番人気で勝ったバシケーンも3月のOP1勝とあわせて2勝。おそらくバシケーンということになるのではないでしょうか。

そして年度代表馬ですが、やはり断然の実績と安定感ということから、個人的にはブエナビスタだと思います。JCの降着と有馬の2cm差は不運としか言いようが無く、どちらも勝っていれば文句なしだったわけですから。
そうなると3年連続牝馬が年度代表馬になるわけで、牡馬のより一層の奮起が期待されます。幸い今年の3歳馬はレベルが高く、JC、有馬記念ともに1,3着を占めました。
来年もさらに高いレベルでの接戦を期待したいと思います。

2008年06月15日

最終日恒例の馬場開放 東京競馬場

JRAの暦では、今日が春の開催の最終日ということで、恒例の芝コースの開放がありました。
ここ2年は雨で中止になっており、3年ぶりの実施です。天気がよかったこともあり、かなりの人でにぎわっていました。

内側の芝生

今年は、以前よりも4コーナー側に行ける範囲が広がって、4ハロンの棒よりも向こうまで行くことができました。早いもので、すでに4コーナーはラチをはずして、芝の刈り込みを始めていました。東京競馬場は、これから10月の開催までが1番間隔があくので、この間に芝生を植えなおします。ちょうど夏で芝生の生育も早いので、秋にはすばらしいターフがよみがえっているはずです。

しかし歩いてみると、やはり内側はかなり土が露出していて、ずいぶん違うことがわかります。たしかにレースごとに馬が蹴り上げるのですから、2ヶ月も続けば、痛んでくるわけです。
ちなみに、内側の馬がよく通った部分と、ダービーでディープスカイが通ったあたりの芝を比べてみると、一目瞭然ですね。

内側の芝生

外側の芝生

ただし、最後まで意外と内の馬も伸びていたように、必ずしも芝が掘れているからといって、時計が遅くなるとも限らないようです。(重になれば別ですが)
昨年のエプソムCは、ほとんどの馬がまん中より外を通っていましたが、今年はそこまで極端ではなく、勝ったサンライズペガサスは外から差してきましたが、2着のヒカルオオゾラは内めで粘っていました。

エプソムCといえば、パドックでよく見えたグラスボンバーをちょっと買ってみたのですが、なんと3着に突っ込んできました。まあ本命が後ろのほうだったので、あまり関係はないですが。

2007年04月22日

ジョッキーマスターズ 楽しかったです

東京競馬場グランドオープンということで、いろいろな催し物がありましたが、目玉はなんといってもジョッキーマスターズでしょう。興味本位で見に行ってみたのですが、なかなか楽しかったです。
12R終了後、パドックを回る馬の中でインタビューと記念撮影があり、その後騎乗して2周したのですが、いつものパドックとは違って、ファンからの声援(もっぱら「落ちるなよ!」というものでしたが)とそれに応える騎手たちは、とてもほほえましいものでした。特に根本師は、ムチを回したり声援に応えたりと、サービス精神旺盛でしたね。

横山典J、後藤J、細江さんが先導した本馬場入場のあと、返し馬に入るわけですが、加藤師などは結構危なっかしくて心配になりました。やはり馬を抑えるというのは、結構体力がいるのでしょう。
ということで、ちょっと心配しながらレースが始まったわけですが、そろっと出てまず逃げたのは松永師。まだ若いし1年ちょっと前までは乗っていたので、まったく危なげなし。時々後ろを振り返って、余裕の逃げです。つい数ヶ月前まで乗っていた本田師が2番手と、やはり前に行くのは若手でした。
しかし4コーナー手前で見せ場を作ったのは根本師。ぐんぐんと上がってきたものの、4コーナーは外に膨れて、その余韻でなんと斜行して、的場師は大きな不利を受けてしまいました。
直線抜け出したのは河内師で大声援の中1着。本田師はやや抑え気味(インタビューによれば空気を読んだとか)で2着まで。
一番声援の多かった岡部さんは、最後ムチを入れて結構本気で追っていましたが、加藤師をハナ差とらえられず5着。

安全第一で乗っていたのでしょうが、やはり最後はちょっと本気が入ったかなという感じです。さすがに一線で活躍した騎手ばかりなので、いざとなると勝負根性に火がつくのでしょう。
しかし最終レース終了後だというのに、予想以上に多くの人が残っていて驚きました。へたな重賞よりも多かったのではないでしょうか。こういう楽しめる催し物はいいですね。騎手によるチャリティーの催しもいいですが、やはりレースをやると盛り上がります。

第1回とのことなので、来年以降もやることを考えているのだとと思いますが、まずは成功してJRAもほっとしているのではないでしょうか。元騎手の方も、体力的に結構大変だと思いますが、もっといろいろな方に参加してもらって、さらに盛り上がるといいなと思います。

2006年09月24日

スタートで走らないとは・・・

9/23の中山11RのペルセウスS(ダート1200m)で、ウインレジェンドはどうしたんでしょう。
最後まで気づかなかったのですが、どうもゲートを出なかったようです。スタートでゲートがあくと、馬は狭いところがいやなこともあり、反射的に飛び出すそうですが、パトロールビデオを見ると、ウインレジェンドはゲートがあいても、ボーっと立ったままでした。
その後長谷川騎手に促されてゲートを出たものの、その前で立ち止まり、走り出す気配もありません。
先頭が3コーナーにかかるころにようやく走り出し、全馬がゴールしたあとに4コーナーを回り、1着のミリオンベルに遅れること53秒でようやくゴールしました。
父サンデーサイレンス 母シンコウノビーの良血で、オープンの葵Sを勝つなどそこそこの活躍馬なのですが、何を考えていたんでしょう。不思議なこともあるものです。

2006年07月09日

TV中継

関東地方の地上波で競馬が見られるのは、キー局では土曜日14:30~16:00のテレビ東京と、日曜日15:00~16:00のフジテレビです。それ以外に、U局で12:30~16:30(ただしキー局放送時間は除く)に放送があります。
このU局の放送が見られなくなる季節が、ついにやってきました。そうです高校野球の地方大会が開幕してしまったのです。毎年多いに不満なのですが、やはり高校野球というのは、そんなに大切なものなのでしょうかねえ。
少なくとも準々決勝ぐらいまでは、当然全試合は放映できず、そのため放映される学校の関係者以外は、見ないのではないかと思うのですが。競馬のほうが視聴率を稼げるのではと思うのですが、毎年やっているということは、やはり高校野球のほうが視聴率がいいのでしょうかねえ。
しかも来週はフジが26時間テレビとやらで、競馬中継はアイビスサマーダッシュのレースのみという、ひどい状況になります。
まあグリーンチャンネルに入るか、おとなしく競馬場かウインズに行けばいいんですけどね。ただちょっとさびしいなあと、毎年思います。