メイン

2007年08月17日

インフルエンザの影響どこまで?

昨日は開催すると一旦は発表しながら、今日になって急遽8/18,19の開催中止が決まりました。感染の増加が止まらないとのことですが、さらにメイショウサムソンも陽性反応が出たということで、おそらく凱旋門賞への出走もかなり難しくなり、ショックが大きいです。
36年前は約2ヶ月間、関東の競馬開催が中止になったとのことですが、今回も感染が収束しない限り開催は難しいのではとも言われています。

仮に1開催分(8日間)がキャンセルになり、かつ馬の移動も同じ期間禁止になったとして、どんな影響があるか考えてみました。
・帰厩が遅れて各馬のローテーションが狂う。⇒G1をはじめ荒れるレースが増える。
・秋競馬の前哨戦がいくつかキャンセルになり、有力馬を中心に体勢が整わない。⇒重賞が成り立つか?
・感染馬が増えることで、再開後も回避馬が多く頭数が揃わない。⇒盛り上がりに欠ける。
・2歳、3歳の未勝利馬の頭数増。⇒クラシック出走馬の減少など来年の開催にも影響。
・風評被害などにより秋競馬の盛り上がりに大きく水を差す。
・海外や地方との交流がなくなり、盛り上がりに欠けるとともに、各馬の選択肢も狭まる。
・競馬関係者はもちろん、開催場周辺の関係業者の収入減。

ちょっと考えただけでも、影響は大きく、また長期間残りそうで、先行きに不安が広がります。
JRAとしては、人間面では公正性の確保、そして馬の面では防疫にもっとも力を入れてきたはずで、その意味では今回の騒動は、その根幹を揺るがすほどの大きな事件といえます。それにしては、危機感が足りないのではないでしょうか。今週末の中止は決めたものの、その後の見通しも出せていないし、なんとか開催したいという意図が透けています。

この際、すこしやめてでも、原因の究明と対策をしっかりと行い、2度とこのようなことが起きないようにしないと、ますます競馬人気が落ちていってしまうのではないでしょうか。
「白い恋人」の騒動がマスコミをにぎわせていますが、大変なときほど、きちんとした誠実な対応が大切です。関係者の方は本当に大変だと思いますが、一丸となってこの危機を乗り越えていただくことを切望しています。

2007年06月17日

いよいよ新馬戦が始まりました

今年ももうそんな季節になったんだなあと、感慨に浸る間もなく、続々と2歳馬がデビューしてきます。
開幕週の話題は、なんといってもエアグルーヴの娘のポルトフィーノでしょう。この時期から話題の大物がデビューするのは珍しいのですが、仕上がりも早かったのでしょう。
エアグルーヴも7月にデビューして、2戦目で勝ちあがり、阪神3歳牝馬Sで2着になるなど早くから活躍したし、父クロフネもデビューこそ10月でしたが、同じく2歳戦から活躍したので、十分その素質はあると思います。
しかしもったままで5馬身突き放すとは、恐れ入りました。まあこの時期なので、相手がどうかというのもありますが。放牧に出して秋に復帰ということなので、期待しましょう。しかし角居厩舎は、ウオッカに続き好調ですね。

毎年新馬勝ち第1号の種牡馬が注目されるのですが、今年はなんとショウナンカンプでした。函館芝1000mということもあるのでしょうが、ちょっと意外です。
昨年はキングヘイロー産駒(ローレルゲレイロ)、一昨年はフレンチデピュティ産駒と活躍馬を出している種牡馬の仔が多いので、ショウナンカンプも注目かもしれません。

2006年06月18日

ローカル開催

毎年のことですが、福島,函館の開催が始まると、春シーズンが終わったということが実感できます。特に福島は正面の山が近く、向こう正面が遠かった東京から代わるので、余計にこじんまり感があります。
G1シリーズもひと段落で、何かほっとした気分にさせられます。でも新馬戦も始まるし、また違った楽しみがあって、目が離せません。
ただ梅雨空なので、なんとなく気が晴れないんですよね。そんなとき快晴の函館のレースを見ると、梅雨のない北海道がつくづくうらやましく感じます。
さてその函館で行われた今年最初の新馬戦ですが、勝ったのはキングヘイロー産駒でした。カワカミプリンセスがオークスを勝つなど、勢いのある種牡馬ですが、SSのいない世代の戦いで、よいスタートを切りました。
ノーザンテーストが引退したあと、数年間リーディングが年ごとに変わったように、しばらくは群雄割拠という感じだと思いますが、次にどの種牡馬が天下をとるのか、とても興味深いものがあります。そんないろいろな楽しみを持ちながら、3ヶ月弱の夏競馬を見ていきたいと思います。