« 2017年01月 | メイン | 2017年03月 »

2017年02月19日

フェブラリーS勝ち馬の評価は低い?

今年初のJRA G1であるフェブラリーSが行われました。個人的に予想は、ゴールドドリームを中心にするなどまあまあだったのですが、人気が割れたせいか意外とオッズが低かった印象でした。

そのゴールドドリームですが、パドックではテンションが高めで、掛かった昨年のチャンピオンズCの惨敗を思い出して、ちょっと不安を覚えました。さらに、サウンドトゥルーやベストウォーリアの落ち着いて堂々とした歩様が良く見え、カフジテイクも気合乗りよく馬体もよく見せて、迷ってしまったのは事実です。
しかしレースでのゴールドドリームは中団につけると、直線は横一線の追い比べから堂々と抜け出し、最後は2着のベストウォーリアにやや迫られたものの、危なげない勝ち方で初のG1制覇を果たしました。

フェブラリーSの勝馬ですが、印象として評価がやや低いような気がします。特にJCダート(現在はチャンピオンズC)が秋に創設されてからは、ますます影が薄くなっているように感じるのです。イギリス競馬に範をとったJRAはもともと芝のレースがメインで、ダートは低く見られているのは、ある意味仕方ないとも思うのですが、そのJRAのダート部門でもフェブラリーSの勝ち馬は印象が薄いと思います。

実際にJCダートが創設された2000年以降のJRA賞最優秀ダートホースの受賞馬、のべ17頭の両レースでの成績を見てみます。
 フェブラリーS1着 3頭
 チャンピオンズC(JCダート)1着 11頭
 両レース1着 2頭
 両レース未勝利 1頭

こうしてみると、最優秀ダートホースに選ばれのはチャンピオンズC(JCダート)を勝った馬が圧倒的に多いことがわかります。
その理由としては、まずフェブラリーSが1年の初めの方に行われるので、JRA賞を選定する翌年初めには、どうしても印象が薄くなることがあげられます。さらに、フェブラリーS勝ち馬が最優秀ダートホースに選ばれるためには、その年を通じて交流G1等で活躍することが求められますが、例えば年初は条件馬でも、その後だんだん強くなって年末にチャンピオンズCを勝てば、強く印象に残りやすいということもあるでしょう。

そういう意味では、フェブラリーSを勝った馬が高い評価を得るには、1年を通しての活躍という高いハードルが設けられているといえます。では、今年のゴールドドリームはどうでしょう。全9戦で着外は昨年のチャンピオンCのみで、1800mでの勝ちもあり距離の融通も効きそうです。少なくとも、さらに活躍できる可能性は十分にあるでしょう。

過去17年で、その年のフェブラリーSとチャンピオンズC(JCダート)の両方を勝ったのは、2000年のウイングアローと2011年のトランセンドのわずかに2頭だけ。3頭目の快挙なるか。さらに交流G1や海外など、可能性は広がります。期待を込めて応援したいと思います。

2017年02月12日

共同通信杯の結果を受けて

共同通信杯は近年クラシックに向けたステップレースとして重要性が上がっており、過去5年の連対馬10頭の中から、皐月賞馬4頭、ダービー馬2頭(2冠馬ドゥラメンテはそれぞれカウント)とのべ6頭(頭数は5頭)のクラシックホースを生み出しています。
そこで今年も、期待を込めて生で観戦しました。

まず当然事前に予想をするのですが、中心馬を選ぶのにとても悩みました。というのも、人気馬4頭の前走を見て、同じ感想を抱いたからです。それは、「そこまでいって勝てないか」というもの。
1,2番人気のムーヴザワールド、スワーヴリチャードはそれぞれ前走東スポ杯で3,2着でしたが、いい脚で伸びてきたものの、プレスジャーニーにまとめて交わされて惜敗。3番人気エアウィンザーは前走福寿草特別で1.6倍の1番人気に押され、後方からいい脚で伸びてきたものの先に抜け出した勝ち馬を交わせず2着。4番人気タイセイスターリーはシンザン記念で後方からやはりいい脚で伸びたものの、さらに後ろから来た勝ち馬に交わされ2着。
いずれも勝っておかしくない脚を見せながら、詰めが甘い印象でした。これはつらくなった最後の伸びが勝負を決めるクラシックでは、ある意味致命的だと思うのです。

結局、パドックで1番よく見えたスワーヴリチャードを中心に買ったのですが、結果として見どころがあったのは、そのスワーヴリチャード1頭だったというのが、個人的な見方です。そのスワーヴリチャードは、中団内を折り合って進むと、直線で内からうまく抜け出し、最後は2着争いをする4頭に2 1/2馬身差をつける完勝でした。
前走の詰めの甘い印象を覆す見事な勝ち方で、勝ちタイムも昨年のディーマジェスティとほぼ同じでゴールドシップやイスラボニータよりも早く、その意味ではクラシックで活躍できる可能性は十分にあると思います。

それに対して今回1番人気のムーヴザワールドは、スワーヴリチャードマークで進むも、先に抜け出した2着のエトルディーニュをアタマ差交わせず3着。途中から逃げる形になった4番人気タイセイスターリーはムーヴザワールドにハナ差交わされ4着。後方から進めた3番人気エアウィンザーは伸び一息で、やや離れた6着まで。
この結果からは、2着以下の馬はいずれもクラシックは厳しいかなというのが個人的な見方です。

近年はここから直接皐月賞に臨む馬が好成績を残していますが、果たして今年はどうなるでしょうか。