« 2013年12月 | メイン | 2014年02月 »

2014年01月07日

2013年JRA賞の発表を受けて

2013年のJRA賞の競走馬部門が発表されました。恒例の事前予想をしていたのですが、なんと2部門もはずしてしまいました。今まではずしても1部門だったので、かなり意外な結果です。

まず「最優秀3歳牡馬」ですが、これはかなり迷ったので、まあ仕方ないかなと思います。
個人的には3冠レースでの安定感を評価してエピファネイアとしたのですが、実際にキズナにはダービーで1/2馬身差とはいえ負けていますし、ダービー馬の称号が重いこともわかります。ただし直接対決では1勝1敗ですし、菊花賞の5馬身差は伊達ではないと思うのですが・・・。
2頭とも有馬記念は回避になって、対決は今年に持ち越されましたが、ぜひ春には無事な姿を見せて、対決で競馬界を盛り上げてほしいと思います。

次に「最優秀4歳以上牡馬」ですが、こちらはかなり不思議な結果となりました。
オルフェーヴルの有馬記念の8馬身差圧勝は見事でしたが、G1勝ちはこれだけですし、海外も含めてG1を4勝したロードカナロアには、かなわないだろうと思ったのです。実際に年度代表馬の投票では、209票対69票と圧倒していますので、最優秀4歳以上牡馬の投票でそれが逆転するのは、不可解でもあります。

思うに、おそらくオルフェーヴルの競走馬生活の偉業をたたえたいという多くの記者の想いが、矛盾を承知でオルフェーヴルを最優秀4歳以上牡馬に押したのでしょう。
また、メディアでもいろいろ書かれていましたが、日本の競馬における短距離部門の軽視という傾向も、影響した可能性は高いと思います。実際にマイル以下を主戦場にしていた馬が年度代表馬に選ばれたのは、タイキシャトルと今年のロードカナロアだけです。

とはいえ、オルフェーヴルも一つの時代を画すほどの実績を残したのは間違いないので、その最後の年にJRA賞を受賞することになったのは、とても喜ばしいことです。おそらくどの部門にも選ばれなくても、特別賞は受賞したでしょうし。
予想ははずれましたが、結果的にはよかったと思っています。

2014年01月04日

2013年のJRA賞予想&ベストレース

2013年の競馬は、有馬記念のオルフェーヴルの圧勝が大きな印象を与えて、無事に終了しました。ちょっと時間はたってしまいましたが、そんな2013年を振り返ってJRA賞を個人的に予想するとともに、ベストレースを選んでみたいと思います。

2013年は、キズナによる武豊騎手のダービー5勝目やトーセンラーでの同じく武豊騎手のG1 100勝の快挙、またオルフェーヴルによる2年連続の凱旋門賞2着などが印象的でしたが、3冠馬誕生が続いた過去3年に比べると、やや小粒な印象もあります。
そんな中で、マイルの安田記念を含む国内短距離G1を3勝し、香港スプリントを5馬身差で連覇したロードカナロアの活躍は、短距離部門に脚光を浴びさせるという意味でも、快挙だったと言えるでしょう。

それでは、それぞれの部門ごとに振り返ってみます。

まずは確実なところから。
●最優秀2歳牡馬
2013年の2歳牡馬は、JRA重賞勝ち馬が4頭(4勝)のみで、しかもそのうち前哨戦を勝った2頭は朝日杯FSを回避しており、ラジオNIKKEI杯は7番人気が勝つとレベル的に微妙な混戦という印象です。その中で朝日杯FSを勝ったアジアエクスプレスは芝初挑戦という異例のローテーションでしたが、勝ちっぷりは見事で文句ないと思います。

●最優秀2歳牝馬
2013年の2歳牝馬は、夏のJRA重賞をすべて制するなど例年にないレベルの高さといわれています。そのうちファンタジーSを勝ったベルカント(朝日杯FSに出走)以外の5頭が阪神JFに顔をそろえましたが、勝ったのは札幌2歳S勝ちから無敗の3連勝となったレッドリヴェール。着差は少ないですが、3か月の休み明けを考えれば、レッドリヴェールで問題ないでしょう。

●最優秀3歳牝馬
ここは牝馬2冠にプラスしてエリザベス女王杯を制したメイショウマンボで間違いないですね。こうなると10着に敗れた桜花賞が何とも残念ですが、やはり若い牝馬は難しいということでしょうか。

●最優秀4歳以上牡馬
古馬の牡馬でJRAのG1を勝った馬は8頭いますが、複数勝ったのは3勝のロードカナロアだけです。従来は中長距離G1の勝ち馬が選ばれる傾向が強かったですが、ここまで実績に差があると、やはりロードカナロアとなるでしょう。

●最優秀4歳以上牝馬
G1を勝ったのは、ヴィクトリアマイルのヴィルシーナ、JCのジェンティルドンナの2頭ですが、やはり牡馬混合のG1を連覇したという価値は高く、ジェンティルドンナで間違いないと思います。

●最優秀短距離馬
JRAの古馬対象のスプリントおよびマイル芝G1は4戦ありますが、そのうち3戦を制し、香港スプリントを5馬身差で圧勝したロードカナロアで間違いないでしょう。

●最優秀障害馬
やはりJ・G1の成績が重視されるのですが、中山GJは外国馬が制しており、中山大障害を8馬身差で圧勝したアポロマーベリックでほぼ間違いないでしょう。

では以下は、ちょっと迷うところを。

●最優秀3歳牡馬
3冠の勝ち馬がすべて異なるので悩ましいのですが、まず皐月賞馬のロゴタイプはダービー5着で秋は全休なので脱落し、ダービー馬のキズナと、皐月賞、ダービーともに2着で菊花賞圧勝のエピファネイアの一騎打ちとなります。キズナは凱旋門賞でも4着と好走しており力は互角だと思いますが、3冠すべてで安定した成績ということで、個人的にはエピファネイアの方がふさわしいのではないかと思います。

●最優秀ダートホース
ダート界は力のある馬が多くかなりの混戦模様ですが、JRAの成績を優先するとフェブラリーSを勝ったグレープブランデーか、JCダートを勝ったベルシャザールのどちらかになるのでしょう。ダート戦の経験の浅さは微妙ですが、並み居る強豪をJCダートで打ち負かしたのは事実なので、ベルシャザールがふさわしいのではないかと思います。

そして年度代表馬ですが、G1を複数勝った馬がロードカナロアとメイショウマンボの2頭しかいないので、このどちらかということになるのではないでしょうか。しかし片や短距離レースのみで、片や牝馬戦のみと、やや限定された感もあります。とはいえ、やはり香港で国際レースを圧勝した実績はすばらしいので、ロードカナロアが最もふさわしいと思います。

続いて2013年の個人的なベストレース。
2013年はジェンティルドンナやゴールドシップなどの実績馬が今一つな成績だったという印象があるのですが、その中で期待通りの走りを見せたという意味では、オルフェーヴルは見事だったと思います。凱旋門賞はトレヴの前に完敗しましたが、有馬記念ではそのうっぷんを晴らすような走りで、ただその強さに感心するしかありませんでした。
その意味でも、やはり有馬記念ということになると思います。

オルフェーヴルの引退でひとつの時代が終わったという感はあります。次世代を担う馬が誰になるのか、今はまだわかりませんが、その活躍に期待したいと思います。