おさびし山ホースパーク おさびし山ホースパーク
トップ レースの記憶(観戦記) G1予想 私的名馬館 馬の本,DVDの紹介 オウンオピニオン(コラム)
リンク更新記録お問い合わせ  
 トップ > 馬の本,DVD > 人生をくれた名馬たち
 
 

人生をくれた名馬たち MYCOM競馬文庫1

著者 吉川良 出版社 毎日コミュニケーションズ
定価 735円(税込み)    
人生をくれた名馬たち人生をくれた名馬たち
吉川 良

毎日コミュニケーションズ 2003-09
売り上げランキング : 162602
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Gallop誌の連載「愉快な競馬ターミナル」などでおなじみの、作家吉川良氏のエッセー。
吉川氏といえば、1999年のJRA馬事文化賞を受賞した「血と知と地」という吉田善哉氏を描いた本など、競馬を題材にして、それにまつわる人の物語に定評がある。

この本も、17頭の馬たちについて、それぞれの思い出を書いているが、中心になるのはやはり人の物語だ。
吉川氏は競馬界に知己が多いこともあり、調教師などの話もでてくるが、印象深いのは、やはり名もない競馬ファンとの交流だろうか。そのあたりは、寺山修司と通じるところがあるけれども、こちらのほうがもう少し散文的という気がする。

たとえばホワイトストーンの6歳(当時は7歳)のAJCC。(私は確か出先でラジオの実況を聞いていた記憶がある)
4歳(当時5歳)の産経大阪杯を勝って以来、11連敗中だったが、不思議と負けても負けても人気がある馬だった。この日は9頭立ての6番人気だったが、小雨の中柴田政人がレガシーワールドを相手にハナを切って逃げまくった。
ゴールまで1ハロン。4馬身あったが、レガシーワールドとブリザードが迫っている。
「おねがい、おねがい」
私のとなりにいた髪の長い若い女は、いったい何度、「おねがい」を叫んだだろう。
ムービースターも迫ってきた。「おねがい」は途切れず、ほとんど泣き声になっている。
結局ホワイトストーンは2馬身半差で逃げ切り、吉川氏は「よかったね」と彼女に声をかける。彼女は涙目で吉川氏の腕を振り回し、200円の単勝馬券を見せる。特に感動的な話が続くわけではないが、思い入れのあるファンに対する、愛情あふれるまなざしが印象的である。

もちろん競馬関係者との交流の話もある。
シリウスシンボリをめぐる馬主の和田共弘氏と、調教師の二本柳俊夫師、加藤和宏騎手の関係は、転厩騒動にまで発展したので有名だ。後日それとなく二本柳師(すでに引退していたが)に振ってみたところ、言わぬが花とかわされてしまう。
加藤騎手でダービーを勝っても、岡部騎手のほうがよかったと主張する和田氏。それに対して何も言わない二本柳師。お互いゆずらない人だ。そしてそのことを馬の立場でどう思っていたのかを、ぜひシリウスシンボリと語り合ってみたいという。

しんみりしがちな話も、お涙頂戴にせずにさらっと書いているところに、個人的には好感を持つ。もちろん内心は、いろいろあるのだろうけど。


Copyright (C) 2006 Ferris Conducts. All Rights Reserved