カテゴリー: 重賞(G2、G3)

アドマイヤマーズとダノンキングリーの評価 ~共同通信杯

クラシック3冠を目指す500万以上のクラスの牡馬にとって、日本ダービーが行われる東京コースを経験できる事実上最後のチャンスということもあり、2月の極寒期に行われるにもかかわらず、共同通信杯は比較的レベルの高いメンバーで争 […]

もっと読む アドマイヤマーズとダノンキングリーの評価 ~共同通信杯

クラシックの行方は見えたか ~チューリップ賞&弥生賞

牡牝それぞれのクラシックの大事な前哨戦である、チューリップ賞と弥生賞が終わりました。これでクラシックの行方は見えてきたのか、ちょっと考察してみます。 今年の傾向として、どちらも前評判の高い馬たちが集まったということがあげ […]

もっと読む クラシックの行方は見えたか ~チューリップ賞&弥生賞

やはり牝馬は格より調子 ~秋華賞,府中牝馬S

今日の秋華賞は、ジャングルポケット産駒の良血馬アヴェンチュラが、力強く抜け出して優勝しました。 2歳時には札幌2歳Sで2着の後、熱発明けの阪神JFは3番人気で4着に入り、さすがトールポピーの下と思わせましたが、骨折で半年 […]

もっと読む やはり牝馬は格より調子 ~秋華賞,府中牝馬S

ディープインパクト産駒の傾向? ~共同通信杯

共同通信杯は、3番人気のナカヤマナイトが内をうまく抜けて、クビ差でユニバーサルバンクを抑えて、重賞初制覇を飾りました。 負けたとはいえ、百日草特別もホープフルSもなかなかよい伸び脚を見せていたので、注目はしていたのですが […]

もっと読む ディープインパクト産駒の傾向? ~共同通信杯