カテゴリー: 調教師・厩舎

休み明けはマイナス要素ではなくなった? ~桜花賞

今年の桜花賞は阪神JFとチューリップ賞を連勝したダノンファンタジー(栗・中内田厩舎)と、そのダノンファンタジーを新馬戦で2馬身差で下してサウジアラビアRCも圧勝し、牡馬相手の朝日杯FSで4着に敗れそれ以来のグランアレグリ […]

もっと読む 休み明けはマイナス要素ではなくなった? ~桜花賞

スプリントG1 3連勝はなりませんでした ~スプリンターズS

スプリントG1 3連勝、そしてスプリンターズS連覇という偉業に挑んだカレンチャンの挑戦は、同厩舎の後輩であるロードカナロアの前に、3/4馬身差でついえました。 過去にスプリンターズS連覇を達成したのは、サクラバクシンオー […]

もっと読む スプリントG1 3連勝はなりませんでした ~スプリンターズS

やはり安田厩舎の揃い踏みでした ~高松宮記念

G1レースに複数の有力馬を送り込んでくる厩舎といえば、最近では昨年の有馬記念にオルフェーヴル(1着)、トゥザグローリー(3着)、トーセンジョーダン(5着)を出走させた池江厩舎がまずは思い浮かびますが、こと短距離戦となれば […]

もっと読む やはり安田厩舎の揃い踏みでした ~高松宮記念