カテゴリー: 記録・レコード

レシステンシア驚異的な強さでした ~阪神JF

2歳の特に牝馬の戦いは、キャリアが少ないためにその見極めは、なかなか難しいものがあります。今年の阪神JFで圧倒的な1番人気(1.8倍)に支持されたのは、唯一のディープインパクト産駒リアアメリア。その根拠は、8馬身差で楽勝 […]

もっと読む レシステンシア驚異的な強さでした ~阪神JF

クリソベリル 無敗の6連勝でG1制覇 ~チャンピオンズC

今年のチャンピオンズCは、2走前にジャパンダートダービーを勝っている3歳牡馬クリソベリルが、無敗で1着となりました。底を見せていないとはいえ、今年の3歳のレベルが高くないこと、強い古馬勢とは初対戦であることや、持ちタイム […]

もっと読む クリソベリル 無敗の6連勝でG1制覇 ~チャンピオンズC

史上初のJ・G1 4連勝は記録にも記憶にも残る勝利 ~中山大障害

今、障害レースのスターといえば、やはりオジュウチョウサンでしょう。失礼ながら、とてもユーモラスで、あまり強いイメージがわかない馬名ですが、障害レースを10勝し、昨年春の中山GJから7連勝中の絶対王者として君臨しています。 […]

もっと読む 史上初のJ・G1 4連勝は記録にも記憶にも残る勝利 ~中山大障害

やはりG1 3連覇は無理だった・・・ ~宝塚記念

今年の宝塚記念で大きく注目されたことは、ゴールドシップの3連覇なるかということでしょう。重賞の3連覇は、タップダンスシチーの金鯱賞やエリモハリアーの函館記念など、JRA重賞では4頭が達成していますが、G1では例がありませ […]

もっと読む やはりG1 3連覇は無理だった・・・ ~宝塚記念

やはりG1 3連覇は難しかった・・・ ~ジャパンカップ

今年のJCは、G1馬が国内外あわせて12頭出走するということで話題になりました。実際に東京競馬場の来場者も10万人を超えたということで、かなり関心は高かったようです。 国内の中長距離路線の一線級では、ゴールドシップ以外は […]

もっと読む やはりG1 3連覇は難しかった・・・ ~ジャパンカップ

初の連覇は牝馬によって達成 ~ジャパンカップ

今年のJCは、ジェンティルドンナが単勝2.1倍の1番人気に見事にこたえて、連覇を飾りました。33回の歴史の中で、連覇は初とのことですが、それを牝馬が達成するのですから、すごい時代になったものです。 しかもこれでJCでは5 […]

もっと読む 初の連覇は牝馬によって達成 ~ジャパンカップ