無敗のクラシック2冠馬再び ~日本ダービー

1944年以来2度目の無観客開催となった今年の日本ダービー。異例の年は異例の馬の誕生となりました。先週無敗で牝馬クラシック2冠を達成したデアリングタクトに続いて、無敗の牡馬クラシック2冠馬が誕生したのです。

そのコントレイルですが、皐月賞を勝った時は2強というイメージでした。ともに無敗で皐月賞に臨み2着だったサリオスとの差は1/2馬身。3着馬は3馬身離し、他の馬たちとは勝負付けあったという感じでした。
しかも青葉賞を勝ったオーソリティ(骨折でダービーは回避)はホープフルSで5 1/2馬身差で下しており、京都新聞杯は皐月賞10着のディープボンド、プリンシパルSは皐月賞14着のビターエンダーが勝って新興勢力の出現はなし。
別路線のワーケアやサトノインプレッサもそこまでのインパクトはなく、コントレイルとサリオスの一騎打ちの再戦というムードが高まったのです。

しかしこの2頭の評価は、人によっていろいろ別れました。
皐月賞のコントレイルは馬場の悪い内枠だったこともありスタート後は行き脚がつかず、後方からのレースとなりました。それでも大外を回して豪快に追い込んだ勝ち方は、距離ロスも大きく着差以上の強さを見せたという見方がありました。
一方サリオスは好位から早めに進出したものの、馬場の悪い内を通らされ、また直線で手前を変えなかったために伸びを欠いた面がありました。それでも1/2馬身差なら、得意の東京に変われば逆転も可能ではないか。また父ハーツクライから距離伸びてよいのではという見方もあったのです。

ところがふたを開けてみると、2頭の評価は意外と差が付きました。コントレイルの1.4倍に対してサリオスは4.4倍。3番人気のワーケアが12.8倍なので2強ではありますが、実態は1強という感じでした。
そしてレースでは、その評価が正しかったことが証明されたのです。

コントレイルは好スタートを切ると、皐月賞とは違って3番手につけます。対するサリオスは中団外と、皐月賞とは逆の展開となります。
向こう正面でマイラプソディが3年前のレイデオロのように後方から一気にまくって先頭に立っても、コントレイルの福永騎手に慌てるそぶりはありません。ちなみに後のインタビューでは、横山典騎手ならやるのではと、これは想定していたとのこと。
3コーナーから後方の馬が動いてコントレイルは徐々に位置を下げるも少しずつ外に出し、直線に入ると5,6番手の馬場中央に位置します。そこで前が開いたのですが、懸命に追う周りの馬たちに対して、福永騎手の手綱はまったく動かず。
残り300mを過ぎて内に4頭ほどいる5番手にいたのですが、そこに外からサリオスが一気に近づいてきます。一瞬追いつかれるかと思ったのですが、残り200m手前で福永騎手がムチを入れると、そこからコントレイルがグンと伸びて先頭に立ち、逆にサリオスとの差を広げていきます。そして最後は2着サリオスに3馬身差をつける圧勝でゴール。
坂を上がってからの伸び脚は、父ディープインパクトのダービーでの脚を彷彿とさせました。同じ赤帽子のゼッケン5番というのも、縁があったのかもしれません。
福永騎手によると最後も集中しきれず遊んでいたとのことで、逆に遊びながら3馬身差で圧勝するということは、本気を出せばどれだけ強いのかと驚かされます。

これでコントレイルは、トキノミノル、コダマ、シンボリルドルフ、トウカイテイオー、ミホノブルボン、ディープインパクトに続く7頭目の無敗の2冠馬となりました。
またディープインパクト産駒は6頭目のダービー制覇で、これはトゥルヌソル、サンデーサイレンスと並ぶ1位タイ。また産駒の3年連続ダービー制覇もサンデーサイレンスに並ぶ1位タイとのこと。

サンデーサイレンスは晩年にディープインパクトという名馬を送り出しましたが、コントレイルも昨年亡くなったディープインパクトの代表産駒になるかもしれません。少なくとも2冠馬は初なので、すでに代表産駒と言っていいでしょう。

そして少し気が早いですが、次の焦点はシンボリルドルフ、そして父ディープインパクトに続く無敗の3冠馬誕生なるかということになります。
最近はダービーを勝っても秋は菊花賞には向かわず、天皇賞(秋)を目指す馬が増えていますが、はたしてコントレイルはどうでしょう。堀厩舎や藤沢和厩舎であればおそらく菊花賞には出ないと思いますが、矢作厩舎の先輩ダービー馬ディープブリランテはイギリス遠征の後に菊花賞を目指しています(結局屈腱炎で回避し、そのまま翌年引退)。
コロナウイルスの影響で海外遠征が難しい状況を考えれば、菊花賞で3冠を目指す可能性は高いと思います。

今日のレースを見る限り、騎手の指示には従順で距離延長にはあまり不安はないと思います。ぜひ父に続く2代での無敗の3冠制覇を見せてほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です