2歳戦はパドックを重視すべきと肝に銘じました ~朝日杯FS

朝日杯FSで1番人気に支持されたのは、サウジアラビアRCを阪神JF3着のクラヴァシュドールに1 1/4馬身差で圧勝した、ハーツクライ産駒のサリオスでした。そのレースぶりは、好位から進めていったん2着馬に並びかけられるも、そこから突き放す強い勝ち方。上り33.1で1.32.7のレコードタイムでは、1番人気になるのも当然でしょう。
しかし関東馬でしかもデビュー2戦とも少頭数の東京マイルということで、初の右回り、多頭数、関西輸送と、乗り越えるべき壁も決して低くはない印象でした。

そこで個人的に興味を持ったのは、2番人気に押された関西馬タイセイビジョンでした。阪神芝1400mの新馬を2 1/2馬身差で楽勝すると、2戦目の函館2歳Sはいかにも距離不足の感じで2着に敗れたものの、京王杯2歳Sでは中団から1番の上り33.5で抜け出し、1.20.8のレコードで2馬身差の圧勝。スローの展開を抜け出すレースぶりは、かなりの強さを感じさせたのです。
マイル未経験は気になりますが、東京芝1400mで圧勝できる力があればおそらく問題なく、サリオスよりも阪神と多頭数(函館2歳Sは15頭立て)の経験分、アドバンテージがあると考えました。

個人的にはパドックを見ないと馬券を買えないほどのパドック派なので、今日もパドック中継を見ていたのですが、そこで見たサリオスが、2歳馬とは思えないほど堂々と落ち着いており、適度な気合乗りでトモの踏み込みも深く、とてもすばらしい状態に見えました。
対してタイセイビジョンは、決して悪くはないのですが、サリオスに比べるとやや迫力に欠け、若干ではありますが物足りなさを感じてしまいました。

そこで思い出したのが、先週の阪神JFです。本命と考えていたのが3番人気のクラヴァシュドールだったのですが、パドックで圧倒的によく見えたのが勝ったレシステンシアでした。しかも2着となったマルターズディオサもかなり高評価だったので、この時点で本命を入れ替えていれば、万馬券が取れたのです。

そのため今回は本命タイセイビジョンと対抗サリオスを入れ替えて、サリオスから買うことにしました。
レースでは好スタートを切ったサリオスが好位につけたのに対して、タイセイビジョンは後方からレースを進めます。タイセイビジョンは外から徐々にポジションを上げていき、4コーナーでは中団まで上げて、直線は外から差してきます。
それに対してサリオスは4コーナーでも余裕の4番手から、直線で追い出すと一気に前を捉えて残り250mで先頭。タイセイビジョンが2馬身差まで詰め寄りますが、坂ではサリオスが逆に突き放し、最終的には2 1/2馬身差でサリオスが余裕の1着。タイセイビジョンはよく差を詰めましたが2着まで。
終わってみればサリオスの強さが際立つ結果となりました。人気通りとはいえ、パドックを見て予想を入れ替えたことは功を奏し、その時点では満足したのです。

しかし問題は3着争いでした。ダート2戦2勝から臨んだタガノビューティーが3番手で粘っていたのはちょっと驚いたのですが、それをゴール前で交わして3着に入ったのが9番の馬。それを見て愕然としました。
その9番のグランレイは、パドックで見てとてもいい馬だなと思っていたのです。落ち着いていながら静かな闘志と集中力が感じられ、馬体も締まってトモの踏み込みも深く、パドックだけなら本命に変えたサリオスよりも良く見えました。
しかし前走は芝1400mの未勝利戦を勝ちあがったばかり。4馬身差で勝ったとはいえ、2走前の芝1800m新馬は逃げて3 1/4馬身差の3着。常識的には買えないなと見送ってしまいました。

もしグランレイをサリオスとタイセイビジョンの相手としてワイドを勝っていれば、6,240円と13,830円が当たっていました。ワイドで万馬券を当てるなんてめったにできない経験なわけで、それを逃したのは大きかったと悔やんでも後の祭り。

レース経験の少ない2歳の競馬では、しばしば従来の傾向では説明できないような結果に終わることもあり、だからこそ面白さもあります。しかし馬柱をいくら見てもそれを導くことは難しく、逆に馬を見ることで的中に近づくことはこの2週間で痛感させられました。
あと1戦、2歳G1は残っているので、そこではぜひパドック重視で臨みたいと思います。

しかし武豊騎手、朝日杯FSを勝てませんね。これでなんと5回目の2着。今年こそは悲願を達成するのではとも思っていたのですが、相手が悪かったという感じです。また来年に期待したいと思います。

カテゴリー ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です