意外な結果ではありましたが ~日本ダービー

今年のダービーは3強対決と言われ、皐月賞の上位3頭の争いと見られてきました。それはオッズに明確に表れて、皐月賞の着順どおりの1~3番人気となり、4番人気以下は大きく離れることになりました。
 1番人気 サートゥルナーリア(1.6倍)
 2番人気 ヴェロックス(4.3倍)
 3番人気 ダノンキングリー(4.7倍)
 4番人気 アドマイヤジャスタ(25.9倍)
 5番人気 ランフォザローゼス(33.3倍)

皐月賞を勝ったサートゥルナーリアは着差こそアタマ差でしたが、ホープフルS以来の4か月半の休み明けでゴール前は詰め寄られながらも交わさせず、着差以上の強さを感じさせました。しかも無敗での戴冠と底を見せておらず、ディープインパクト以来の14年ぶりの無敗のダービー馬誕生の機運が、いやがうえにも高まったのです。
そして2着ヴェロックス、3着ダノンキングリーともサートゥルナーリアに僅差まで詰め寄り、そこから2馬身離された4着アドマイヤマーズはNHKマイルCを完勝してダービーは不出走。青葉賞も京都新聞杯もそこまでのインパクトは感じられず、どう考えても3頭のどれかがダービーを勝つとしか思えない状況でした。

しかしレースを勝ったのは、京都新聞杯2着から臨んだロジャーバローズ。あまりの意外さに、ゴール後はちょっとしたショック状態に競馬場全体が陥ったように感じました。2着は詰め寄ったもののクビ差交わせなかったダノンキングリー。サートゥルナーリアはいったん3番手に上がったものの、最後はヴェロックスに差されて4着。3強が2~4着に来たのは、さすがと思いました。

最近のダービーで人気薄で勝った馬と言えば、2010年のエイシンフラッシュ(7番人気)が思い浮かびますが、そのエイシンフラッシュも皐月賞では3着で、その前は京成杯を1番人気で勝っていました。そう、ロジャーバローズはダービーが重賞初制覇だったのです。
重賞未勝利でダービーを制した馬と言えば1996年のフサイチコンコルドが思い出されますが、フサイチコンコルドはデビューから2連勝でダービーに臨んでおり、その時点で無敗。2・2・0・1のロジャーバローズとはかなり違う印象です。

そのロジャーバローズは93.1倍の12番人気でしたが、2桁人気のダービー馬は1984年のグレード制導入以降は例がなく、1965年のテイトオー(12番人気)までさかのぼります。ちなみにこの年の2着は18番人気のソロモン。26頭立てということもありますが、とんでもない大穴でした。もし馬連があったら、いったいいくらついていたか・・・。

12番人気の馬はさすがに買えないなあとは思うのですが、実は個人的には買うチャンスもありましたし、理詰めで考えれば買えなくもなかったのではとも思うのです。

私はG1の予想に当たって必ずJRAのWebサイトにある調教のVTRを見るのですが、今回調教でよく見えた馬を6頭あげていました。それは内枠からロジャーバローズ、サートゥルナーリア、ダノンキングリー、ニシノデイジー、クラージュゲリエ、ヴェロックス。レース結果を見て驚いたのは、この6頭が1~6着を占めていたのです。
またパドックでよく見えた馬が、ロジャーバローズ、サトノルークス、サートゥルナーリア、ダノンキングリー、ニシノデイジー、アドマイヤジャスタ、ヴェロックス、ランフォザローゼスの8頭。
両方に共通する馬を抜き出すと、1~5着の5頭になるのです。

また今回はどうしても3頭を中心に考えざるを得なかったのですが、この3頭を負かす馬の条件を考えると、こんな推理も成り立ちます。
・3頭はいずれも末脚がしっかりしているので、後ろから差す馬は考えにくく、逃げ先行馬の前残りの方が可能性としてはあり得る
・逃げ馬の候補としては青葉賞を逃げ切ったリオンリオンと京都新聞杯で逃げて2着のロジャーバローズが考えられる。しかしリオンリオンは横山典騎手が騎乗停止で乗れず息子の横山武騎手に乗り替わり。とはいえ20歳のダービー初騎乗の若者に平常心で乗れという方が難しく暴走する危険もある。そうなると2番手のロジャーバローズに展開が向く可能性もある。
・人気薄の逃げ馬が残るのは、人気の差し馬の末脚が不発の場合。特に圧倒的人気の差し馬がいると、騎手の関心は後ろに向くので、前を楽に逃げさせてしまうことがある。

もちろんこれは結果がわかって後付けで考えた部分が多いので、レース前にここまで推理することはかなり難しいと思います。しかしこんな推理をたてて、その通りにレースが進んで馬券が当たれば、とても気持ちいいでしょう。
競馬は知的な推理ゲームの要素が大きいと思うのですが、いつかこんな風に理論的に考えられたらと、常々思うのです。

【ロジャーバローズ】調教もパドックも良く見えたのに、手が出ませんでした。
【ロジャーバローズ】低評価をくつがえす見事な走りでした。
【サートゥルナーリア】パドックも返し馬もすばらしい気配でしたが・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です