展開を読むのはなかなか難しいです ~オークス

アマノチェリーランあたりが逃げても、後続は距離を考えてあまり追いかけず、スローになると読んでいました。そのため追い込み脚質の馬が多いので、先行馬有利なペースになると思い、ベッラレイアはちょっと軽視という結論になったのですが・・・。

逃げたのがスマートストームというのはまだよいとしても、1000m通過が59.1秒と予想以上に早いペースになり、しかもカタマチボタンやザレマなどがそれを追いかけてしまい、さらに後ろにいるはずのベッラレイヤがその後ろの好位にいるということで、完全に展開予想は崩れてしまいました。

ベッラレイアは前にいた馬の中ではかなりがんばっており、ハナ差2着と力のあるところを示しました。でも結果論ですが、もう少し後ろにいて末脚を生かす展開になれば、あるいは勝っていた可能性も十分あると思います。ザレマをマークせざるを得なかったので、早仕掛けの批判は当たらないと思いますが、後ろの馬に有利な流れになってしまったのは確かでしょう。

ローブデコルテはマークはしていたものの、やはり紅梅S勝ちがひっかかりました。しかし福永Jはオークス強いですねえ。やはり勢いのある人には乗るべきだと、つくづく感じました。

さて次はいよいよダービーです。オークスが2.25.3と好タイムの決着となったので、ウオッカもそのタイムで走れる可能性が十分あるということで、あまり軽視はできないかもしれません。
牝馬がダービーを勝ったら、すごい事件ですよねえ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です