オークス

カワカミプリンセスは底が割れていない魅力があることはわかっていましたが、キャリア3戦と重賞経験なしという常識的な線に流されてしまいました。しかし、2度の輸送にも動じず、早い流れを好位から堂々と差しきるという大人びたレースは、精神的な強さを感じさせました。やはり2400mという厳しい距離では、それに耐えられる精神力も必要ということでしょうか。
実は今回の上位3頭に共通するのは、馬体重480kg以上というのと、いずれもパドックでテンションが高めということでした。どちらも2400mのオークスでは不利といわれることですが、3頭ともあっさりクリアしたのには、驚かされました。正直いってカワカミプリンセスには、G1を勝つようなオーラは感じなかったのですが・・・。
G1のパドックでは、オーラのようなその馬の出す雰囲気も大事だと思っています(単に個人的な欲目ともいえるかもしれませんが)。今回それにふさわしかったのは、やはりアドマイヤキッスだったと思います。落ち着いて堂々と周回する姿は、貫禄さえ感じさせました。ちょっと前のオークスなら、こういうタイプが来たんではないかなあ。
コイウタは心配したのですが、どうやら跛行のようです。大事に至らなければよいのですが。
そしていよいよダービーウィーク。今年は混戦で難しいですね。また1週間悩みたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です